文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスです。

俳句 小田島渚

水輪十月や鐘鳴り渡る雨の街 月になれずつぎつぎ貌となる水輪 流星のたてがみまでも死が覆ふ しろがねの鳥を生みたる冬の水 藁を足す夜の馬房や息白し あをぞらの果実…

綿矢りささんが今月買った10冊の本

中華ファンタジーに夢中 『九十八歳。戦いやまず日は暮れず』は佐藤先生の切れ味の鋭い血気盛んなエッセイ集。『九十歳。何がめでたい』と変わらない威勢の良さだが、戦争…

霞が関コンフィデンシャル〈官界インサイドレポート〉

日本を動かすエリートたちの街、東京・霞が関。日々、官公庁を取材する記者たちが官僚の人事情報をどこよりも早くお届けする。 ★警察出身者への期待官邸の事務方トップで…

短歌 本多真弓

正解は百二十位個室にて文藝春秋を読む人よ お茶を汲んだことありますか をぢさんやおぢいさんにはない石がをばさんといふ語に付随する 高木彬光おもしろいけど今読むと…

【蓋棺録】柳家小三治、さいとう・たかを、すぎやまこういち、森山眞弓、コリン・L・パウエル〈他界した偉大な人々〉

偉大な業績を残し、世を去った5名の人生を振り返る追悼コラム。 ★柳家小三治 落語家の柳家小三治(本名・郡山剛蔵)は、登場人物の言葉の奥にある、笑いの「本域」を求…

佐藤優のベストセラーで読む日本の近現代史 『ナショナリズムの美徳』 ヨラム・ハゾニー

グローバル化以後の世界のあり方を示す コロナ禍がもたらした大きな変化が2つある。 第1はグローバリゼーションに歯止めがかかったことだ。国境の壁が、新型コロナウイル…

丸の内コンフィデンシャル〈財界インサイドレポート〉

日本の経済の中心地、東京・丸の内。敏腕経済記者たちが“マル秘”財界情報を覆面で執筆する。 ★迷走の先に見えるのは東芝(綱川智社長兼CEO)の迷走が止まらない。まず…

【12月21日(火)19時~オンライン配信】辻元清美×辻田真佐憲 対談「日本の野党はなぜダメなのか?」維新躍進、女性政治家、落…

◆辻元清美、かく語りき文藝春秋digitalは、12月21日(火)19時〜、前衆議院議員の辻元清美さんと評論家の辻田真佐憲さんのオンライン対談イベント「『日本の野党はなぜダ…

【12月13日(月)19時~オンライン配信】岩波明×石戸諭 対談「殺人に至る『現代の病』とは何か?」京王線ジョーカー、殺人看護…

◆コロナ禍とメンタルヘルス“緊急事態”文藝春秋digitalは、12月13日(月)19時〜、精神科医・昭和大学医学部精神医学講座主任教授の岩波明さんとノンフィクションライタ…

農水省YouTuber 野田広宣

文・野田広宣(農林水産省輸出・国際局) 「YouTuberになる職員募集!」というお知らせが農水省の職員ポータルサイトに掲載されたのは、2019年、自分が入省2年目の秋のこ…

最新の記事

固定された記事

『文藝春秋digital』2021年11月ラインナップ

■会員限定イベント【11月24日(水)19時~オンライン対談】 宮台真司×先崎彰容「“劣化社会”日本に処方箋はないのか?」 ■文藝春秋digitalの配信予定記事(2021年12月…

俳句 小田島渚

水輪十月や鐘鳴り渡る雨の街 月になれずつぎつぎ貌となる水輪 流星のたてがみまでも死が覆ふ しろがねの鳥を生みたる冬の水 藁を足す夜の馬房や息白し あをぞらの果実…

綿矢りささんが今月買った10冊の本

中華ファンタジーに夢中 『九十八歳。戦いやまず日は暮れず』は佐藤先生の切れ味の鋭い血気盛んなエッセイ集。『九十歳。何がめでたい』と変わらない威勢の良さだが、戦争…

霞が関コンフィデンシャル〈官界インサイドレポート〉

日本を動かすエリートたちの街、東京・霞が関。日々、官公庁を取材する記者たちが官僚の人事情報をどこよりも早くお届けする。 ★警察出身者への期待官邸の事務方トップで…

短歌 本多真弓

正解は百二十位個室にて文藝春秋を読む人よ お茶を汲んだことありますか をぢさんやおぢいさんにはない石がをばさんといふ語に付随する 高木彬光おもしろいけど今読むと…

+2

【蓋棺録】柳家小三治、さいとう・たかを、すぎやまこういち、森山眞弓、コリン・L・パウエル〈他界した偉大な人々〉

偉大な業績を残し、世を去った5名の人生を振り返る追悼コラム。 ★柳家小三治 落語家の柳家小三治(本名・郡山剛蔵)は、登場人物の言葉の奥にある、笑いの「本域」を求…