文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。

文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。

    マガジン

    • 文藝春秋digital

      一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスです。

    • 三人の卓子 「文藝春秋」読者の感想文

      創刊100周年の雑誌『文藝春秋』での名物コーナー「三人の卓子」。読者の皆様からの記事への感想を募集・掲載しています。メールやお手紙で以下までお送り下さい。 規定 600字以内 住所・氏名・年齢・生年月日(西暦)・メールアドレス・職業明記 次号の締切りは20日 掲載の方には記念品をお贈りします。 宛先 〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23 文藝春秋編集部「三人の卓子」係 ※電子メールでのご投稿の場合、添付ファイルはお避け下さい。 アドレス mbunshun@bunshun.co.jp

    • #みんなの文藝春秋

      「私は頼まれて物を云うことに飽いた。自分で考えていることを、読者や編集者に気兼なしに、自由な心持で云ってみたい」。「文藝春秋」を創刊した理由として、作家・菊池寛はこう言いました。つまり、「文藝春秋」とはクリエイターによるクリエイターのための雑誌だったのです。その精神を引き継ぎ、noteクリエイターによるnoteクリエイターのためのマガジンをここに作りました。「#みんなの文藝春秋」でどしどし記事をお書きください。記事の感想でも、コラムでも、小説でも、「文章」であれば、なんでもあり。編集部がピックアップしてこちらにまとめます!

    • 文藝春秋digitalオリジナル無料連載

      “文藝春秋の顔”というべき筆者たちによる「文藝春秋 digital」オリジナル無料連載をまとめました。三浦瑠麗、門井慶喜、中野信子、出口治明、森功、辻田真佐憲、野口悠紀雄、西寺郷太、麻生幾の各氏が交代で執筆します。

    • 2021年の論点100

      【12月1日配信スタート】毎日、朝晩2本の記事を配信。2021年の日本、そして世界はどうなる? 「文藝春秋」に各界の叡智が結集。コロナ禍で混迷を極める世界を読み解く100本の優れた論考をお届けします。50日後にマガジンが完成します。

    リンク

    記事一覧

    固定された記事

    【9月29日(木)19時~】石井光太×俵万智「いま学校で起きている国語力崩壊 『ヤバイ』しか言えない子供たち」

    ◆なぜ子供たちの国語力は崩壊したか?文藝春秋digitalでは、9月29日(木)19時~、ノンフィクション作家の石井光太さんと歌人の俵万智さんによるオンラインイベント「いま…

    目耳口

    高級感溢れるツナ缶は 静岡が誇る鉄板ギフト一本釣りのびん長鮪を1缶に1尾使用し、手作業で仕上げる最高級ツナ缶。熟練の技とスペイン王室御用達の香り高いオリーブオイ…

    文藝春秋digital
    15時間前

    至福の贈り物10 石破茂「自分の好みで選ばない」

    文・石破茂(衆議院議員) 石破さん 自分の好みで選ばない以前、ある国の政府高官からいただいた贈り物が、重さ20キロはある貴石の飾り物だったことがありました。お気持…

    文藝春秋digital
    21時間前

    短歌 水野葵以「ラクトアイス・センシーズ」

    ラクトアイス・センシーズ告白という語は愛について言う僕らの唾で錆び付いている 近づいているのか遠ざかっているのかわからない白い服を着た人 本当においしいやつを食…

    詩 岩倉文也「終わらない散歩道」

    終わらない散歩道遠く仄暗い山あい 鳴き交わすひぐらしの声をきいたとき ぼくの運命は決まった まだ夢の廃屋はふくらんでいる だが足首をくすぐる草叢のなかに ぼくを呼ぶ…

    俳句 小澤實「月に踊る」

    月に踊るひらいづみのどぶろく紅白いづれ酌まん どぶろくを酌む秀衡と西行と 束稲山(たばしね)の大文字観る死者とともに 月に発つ螺鈿の蝶やひかり堂 堂出でて屍(か…

    同級生交歓 神奈川県立湘南高等学校 昭和46年卒

    人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都文京区 順天堂大学…

    同級生交歓 鹿児島県立甲南高等学校 昭和49年卒

    人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 鹿児島県鹿児島市 城山ホ…

    クイズ私は誰でしょう(乙武洋匡)

    【ヒント】 世間の「先入観」や「偏見」を次々にくつがえしていくこの人は?原因不明の先天性四肢欠損児として生を受けた。 「幼少時の私の口癖は『じぶんで!』だったそ…

    朝乃山 大相撲新風録20 元大関が“新風”を巻き起こせるか 佐藤祥子

    朝乃山(あさのやま、富山県富山市出身、高砂部屋、28歳) 元大関が“新風”を巻き起こせるかはたして“新風”との言葉はふさわしいものだろうか――。元大関の朝乃山が…

    安藤和津 軽トラックの下敷きになった私を抱え病院に走った母

    著名人が母親との思い出を回顧します。今回の語り手は、安藤和津さん(エッセイスト・コメンテーター)です。 絶対的存在私の生い立ちは複雑だ。未婚で私を産んだ母は、自…

    近藤サト「抹香臭くなくてエエ」父は我が家の氏神になった

    著名人が父親との思い出を回顧します。今回の語り手は、近藤サトさん(フリーアナウンサー)です。 我が家の氏神現在、父は我が家の氏神である。子供の頃から病弱だった父…

    楠木建 絶対悲観主義

    文・楠木建(一橋ビジネススクール教授) 仕事を始めた駆け出しのころ、何をやってもうまくいかなかった。だからといって一念発起で刻苦勉励するような根性もない。そもそ…

    萩原さちこ 城が危ない

    文・萩原さちこ(城郭ライター・一般社団法人城組代表理事) 全国には、3~4万の城跡がある。そのほとんどが、南北朝~戦国時代に築かれた城だ。一般的に連想される、姫路…

    太田和彦 76歳、酒とのつきあい

    文・太田和彦(デザイナー・作家) 年齢40のころから日本中の居酒屋めぐりを始めた。 四方を海に囲まれ、山国でもある日本は、産物も郷土食もまことに豊かで、各地どこに…

    【ダイジェスト版】小泉悠×千々和泰明「南部奪回の行方は? ウクライナ戦争の『終わらせ方』」

     文藝春秋digitalのオンラインイベント「南部奪回の行方は? ウクライナ戦争の『終わらせ方』」が、2022年9月9日に開催されました。  2022年2月24日に始まったロシアに…

    固定された記事

    【9月29日(木)19時~】石井光太×俵万智「いま学校で起きている国語力崩壊 『ヤバイ』しか言えない子供たち」

    ◆なぜ子供たちの国語力は崩壊したか?文藝春秋digitalでは、9月29日(木)19時~、ノンフィクション作家の石井光太さんと歌人の俵万智さんによるオンラインイベント「いま学校で起きている国語力崩壊 『ヤバイ』しか言えない子供たち」を開催します。 《視聴のお申し込みは本ページ下部より可能です》 7月に刊行された、石井さんの著書『ルポ 誰が国語力を殺すのか』(文藝春秋)が大きな話題を呼んでいます。少年犯罪から虐待家庭、不登校、引きこもりまで、現代の子供たちが直面する様々な問

    スキ
    53

    目耳口

    高級感溢れるツナ缶は 静岡が誇る鉄板ギフト一本釣りのびん長鮪を1缶に1尾使用し、手作業で仕上げる最高級ツナ缶。熟練の技とスペイン王室御用達の香り高いオリーブオイルが生み出すこのツナは、口の中で溶けていくような食感とジューシーな旨みに驚かされる。数量限定、究極のこだわりの証として手書きのシリアルナンバー付き。 鮪とろBLACK LABEL 5,400円(90g) 創業100年を迎える 浅草伝統のいなり寿司大正11年に創業し、約10年の休業期間を経て浅草で再オープンした福寿家

    スキ
    20

    至福の贈り物10 石破茂「自分の好みで選ばない」

    文・石破茂(衆議院議員) 石破さん 自分の好みで選ばない以前、ある国の政府高官からいただいた贈り物が、重さ20キロはある貴石の飾り物だったことがありました。お気持ちは有難いけれど……。 そんな経験もあって、私が外国の要人に贈り物をする際、大事にしている条件があります。まず、日本国の肩書を背負うので自分の好みだけで選ばないこと。次に、日本らしいものであること。そして、相手に過度な心理的負担を与えないこと。小さく、軽く、部下や御夫人へのプレゼントにもなるもので、かつ秘書が適

    スキ
    22

    短歌 水野葵以「ラクトアイス・センシーズ」

    ラクトアイス・センシーズ告白という語は愛について言う僕らの唾で錆び付いている 近づいているのか遠ざかっているのかわからない白い服を着た人 本当においしいやつを食べたことないだけだよ うん 愛によく似た きもちいね 雨に機嫌を損ねない人だと思われたくてはしゃいだ くちびるがラクトアイスで濡れている きみは正しいのに悲しそう いつもいる店員のネームプレートが斉藤から齊藤に変わった 噓だけはつかないけれど本心を言わないことならあるよ、白氷

    スキ
    15

    詩 岩倉文也「終わらない散歩道」

    終わらない散歩道遠く仄暗い山あい 鳴き交わすひぐらしの声をきいたとき ぼくの運命は決まった まだ夢の廃屋はふくらんでいる だが足首をくすぐる草叢のなかに ぼくを呼ぶ野良猫はもう いない─ただ、きみに合わせる顔をひとつくらい 持っていたかっただけなのに。赤い空にまなざしは溶けゆく ぼくがここにいること それは誤謬ではない 失われるすべてのために ぼくは今日も夕ぐれを見ていた

    スキ
    13

    俳句 小澤實「月に踊る」

    月に踊るひらいづみのどぶろく紅白いづれ酌まん どぶろくを酌む秀衡と西行と 束稲山(たばしね)の大文字観る死者とともに 月に発つ螺鈿の蝶やひかり堂 堂出でて屍(かばね)花野にあそぶかな 松川二十五菩薩はコンクリート製収蔵庫におはすが 木の堂に菩薩帰らむ月の夜は 頭胸腕失せても菩薩月に踊る

    スキ
    10

    同級生交歓 神奈川県立湘南高等学校 昭和46年卒

    人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都文京区 順天堂大学新研究棟前にて(撮影・杉山秀樹) (右から) 東京医科歯科大学名誉教授 谷口尚 映画監督 すずきじゅんいち(鈴木潤一) 神奈川県立湘南高校非常勤講師 増尾茂男 ペンション経営 冨田叔子 順天堂大学大学院医学研究科免疫診断学講座特任准教授 松岡周二 楽天銀行常勤監査役 鹿戸丈夫昨年100周年を迎えた母校は、文武両道の

    スキ
    14

    同級生交歓 鹿児島県立甲南高等学校 昭和49年卒

    人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 鹿児島県鹿児島市 城山ホテルにて(撮影・杉山秀樹) (右から) 宮崎公立大学学長・人文学部教授 有馬晋作 東北大学非常勤講師・元准教授 石井恵子 鹿児島市医師会副会長・放射線診断専門医 池田耕治 東京大学名誉教授・奈良先端大特任教授 船津公人 声楽家・聖パウロ国際大学大学院主任教授 北薗るみ子 俳優・プロデューサー 西田聖志郎バンカラな校

    スキ
    9

    クイズ私は誰でしょう(乙武洋匡)

    【ヒント】 世間の「先入観」や「偏見」を次々にくつがえしていくこの人は?原因不明の先天性四肢欠損児として生を受けた。 「幼少時の私の口癖は『じぶんで!』だったそう。人が手伝おうとすると押しとどめ、時間をかけてでも自分でやろうとする子だったようです。両親は『この子は一生寝たきりかも』という覚悟からのスタートでしたから、寝返りを打てた、歩いた、食べた、というだけで、すべてがプラス評価。それが私の今の自己肯定感の高さ、悪くいえば鼻もちならなさにつながった(笑)」 本人の努力や両

    スキ
    11

    朝乃山 大相撲新風録20 元大関が“新風”を巻き起こせるか 佐藤祥子

    朝乃山(あさのやま、富山県富山市出身、高砂部屋、28歳) 元大関が“新風”を巻き起こせるかはたして“新風”との言葉はふさわしいものだろうか――。元大関の朝乃山が、先の七月名古屋場所で土俵に復帰した。三段目二十二枚目と、番付を大きく落としての再出発だった。色鮮やかな締め込みを黒い稽古まわしに替え、観客もまばらななか土俵に上がった元大関は、「またこうして土俵に上がれることに感謝したい」と殊勝な言葉を口にした。その実力から当然のごとく7戦全勝優勝を果たしたのだが、安堵の表情は

    スキ
    10

    安藤和津 軽トラックの下敷きになった私を抱え病院に走った母

    著名人が母親との思い出を回顧します。今回の語り手は、安藤和津さん(エッセイスト・コメンテーター)です。 絶対的存在私の生い立ちは複雑だ。未婚で私を産んだ母は、自力で人生を切り拓いた女丈夫である。華奢で楚々とした美女は、苦労を乗り越える度に体重も増え、身も心も逞しくなっていった。20代で奉加帳3冊を手に銀行から融資を受け、柳橋で160坪の料亭を始めた母は、住み込みの板場、仲居、玄関番、帳場など20人近い従業員を抱える女将となった。料亭のはす向かいの自宅には、重いリウマチで寝た

    スキ
    13

    近藤サト「抹香臭くなくてエエ」父は我が家の氏神になった

    著名人が父親との思い出を回顧します。今回の語り手は、近藤サトさん(フリーアナウンサー)です。 我が家の氏神現在、父は我が家の氏神である。子供の頃から病弱だった父は66歳で早々に家族を守る神になった。と言って父は神職というわけでもなく、別段信心深くもなかった。ただ暗く落ち込むようなことが苦手で「神道の葬式は祭祀やで祭りやろぅ。陰気やなくてええ!」と豊年満作の祭りと一緒くたにして笑っていた。 その程度の信仰心のまま、父は神式の自らの葬儀を迎え、私の感覚では棚ぼた式に神となった

    スキ
    15

    楠木建 絶対悲観主義

    文・楠木建(一橋ビジネススクール教授) 仕事を始めた駆け出しのころ、何をやってもうまくいかなかった。だからといって一念発起で刻苦勉励するような根性もない。そもそも大した志を持ち合わせていない。このままでは自分は何も達成できないのではないか―漠然とした不安の中でたどり着いたのが「絶対悲観主義」という仕事哲学だ。「自分の思い通りにうまくいくことなんてひとつもない」という前提で仕事をする――陰鬱なように聞こえる。しかし、ジッサイのところはわりと明朗な哲学だ。 GRIT(困難に直

    スキ
    19

    萩原さちこ 城が危ない

    文・萩原さちこ(城郭ライター・一般社団法人城組代表理事) 全国には、3~4万の城跡がある。そのほとんどが、南北朝~戦国時代に築かれた城だ。一般的に連想される、姫路城や彦根城などは江戸時代につくられた城。天守も石垣もない、観光地化されていない城が無数にあるのだ。 こうした名も知れぬ城が深刻に直面しているのが、保存・整備活動の難しさだ。 前提として、国指定の史跡であっても維持・管理費は潤沢ではなく、世界遺産の姫路城でさえ例外ではない。昨今は災害対策に莫大な予算が求められ、広

    スキ
    21

    太田和彦 76歳、酒とのつきあい

    文・太田和彦(デザイナー・作家) 年齢40のころから日本中の居酒屋めぐりを始めた。 四方を海に囲まれ、山国でもある日本は、産物も郷土食もまことに豊かで、各地どこにもそれに合う地酒があり、幕藩制の歴史は多様な県民性、気質を作った。そのすべてが見えるのが地方の古い居酒屋だと気づいてきた。 定まった手法は地元の人が通う古い名物居酒屋を見つけること。そこで地酒を頼み、お通しで一杯やりながら、客の多くが注文している品を見つける。それは必ず安くてうまくて飽きない。知らない魚があれば

    スキ
    12

    【ダイジェスト版】小泉悠×千々和泰明「南部奪回の行方は? ウクライナ戦争の『終わらせ方』」

     文藝春秋digitalのオンラインイベント「南部奪回の行方は? ウクライナ戦争の『終わらせ方』」が、2022年9月9日に開催されました。  2022年2月24日に始まったロシアによるウクライナ侵攻は、どのような停戦の落としどころがありうるのか。防衛研究所主任研究官の千々和泰明さんと東京大学専任講師の小泉悠さんの二人が、侵攻開始から半年が経過した今、戦争の『終わらせ方』をテーマに議論しました。  対談は現在の戦況の分析から始まりました。8月24日、ゼレンスキー大統領はクリ

    スキ
    16