文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。

文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。

    マガジン

    • 文藝春秋digital

      一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスです。

    • 三人の卓子 「文藝春秋」読者の感想文

      創刊100周年の雑誌『文藝春秋』での名物コーナー「三人の卓子」。読者の皆様からの記事への感想を募集・掲載しています。メールやお手紙で以下までお送り下さい。 規定 600字以内 住所・氏名・年齢・生年月日(西暦)・メールアドレス・職業明記 次号の締切りは20日 掲載の方には記念品をお贈りします。 宛先 〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23 文藝春秋編集部「三人の卓子」係 ※電子メールでのご投稿の場合、添付ファイルはお避け下さい。 アドレス mbunshun@bunshun.co.jp

    • #みんなの文藝春秋

      「私は頼まれて物を云うことに飽いた。自分で考えていることを、読者や編集者に気兼なしに、自由な心持で云ってみたい」。「文藝春秋」を創刊した理由として、作家・菊池寛はこう言いました。つまり、「文藝春秋」とはクリエイターによるクリエイターのための雑誌だったのです。その精神を引き継ぎ、noteクリエイターによるnoteクリエイターのためのマガジンをここに作りました。「#みんなの文藝春秋」でどしどし記事をお書きください。記事の感想でも、コラムでも、小説でも、「文章」であれば、なんでもあり。編集部がピックアップしてこちらにまとめます!

    • 文藝春秋digitalオリジナル無料連載

      “文藝春秋の顔”というべき筆者たちによる「文藝春秋 digital」オリジナル無料連載をまとめました。三浦瑠麗、門井慶喜、中野信子、出口治明、森功、辻田真佐憲、野口悠紀雄、西寺郷太、麻生幾の各氏が交代で執筆します。

    • 2021年の論点100

      【12月1日配信スタート】毎日、朝晩2本の記事を配信。2021年の日本、そして世界はどうなる? 「文藝春秋」に各界の叡智が結集。コロナ禍で混迷を極める世界を読み解く100本の優れた論考をお届けします。50日後にマガジンが完成します。

    リンク

    記事一覧

    【特別対談】有働由美子×川越宗一|直木賞『熱源』は“調べ癖”から誕生した

    news zeroメインキャスターの有働さんが“時代を作った人たち”の本音に迫る対談企画「有働由美子のマイフェアパーソン」。今回のゲストは作家の川越宗一さんです。 吉野…

    俳句|佐藤文香

    また今度 ぜんぶ雉鳩(きじばと)日割の春をはじめから ちぎりパン咲いた梅咲いてゐる梅 雨粒に光の憩ふ焼野かな 大木の椿とくぢら色の缶 橇しまふ今度コヨーテ描いて…

    飯間浩明の日本語探偵【つ】「募ったが募集せず」なぜこれで済むのだろう

    国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。 【つ】「募ったが募集せず」なぜこれで済むのだろう 前々回にも触れた「桜を見る会」…

    美しい言葉とは 中野信子「脳と美意識」

    ★前回の記事はこちら ※本連載は第11回です。最初から読む方はこちら。  カタカナ語をめぐる言説がかまびすしい。  ここまで誰も彼もが同じようなことを口にしている…

    自民党「派閥政治」が果たした役割とは?|三浦瑠麗

    ★前回の記事はこちら。 ※本連載は第21回です。最初から読む方はこちら。  政治はそれほど理想が異ならない二人を分断する営みであるということを前回は書きました。本…

    詩|原田郁子

    【編集部よりお知らせ】 文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げ…

    【特別対談】有働由美子×川越宗一|直木賞『熱源』は“調べ癖”から誕生した

    【特別対談】有働由美子×川越宗一|直木賞『熱源』は“調べ癖”から誕生した

    news zeroメインキャスターの有働さんが“時代を作った人たち”の本音に迫る対談企画「有働由美子のマイフェアパーソン」。今回のゲストは作家の川越宗一さんです。

    吉野家に行きづらい有働 このたびは直木賞受賞、おめでとうございます。

    川越 ありがとうございます。

    有働 早速ですが、直木賞をとって生活に変化はありましたか?

    川越 僕は妻と2人暮らしなんですけど、自宅にお祝いの花がたくさん届い

    もっとみる
    俳句|佐藤文香

    俳句|佐藤文香

    また今度
    ぜんぶ雉鳩(きじばと)日割の春をはじめから

    ちぎりパン咲いた梅咲いてゐる梅

    雨粒に光の憩ふ焼野かな

    大木の椿とくぢら色の缶

    橇しまふ今度コヨーテ描いて見せて

    わかつてくれる弥生ご飯は左利き

    枇杷(びわ)の葉や葉裏や春は幾度も来る

    【編集部よりお知らせ】
    文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「# みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または

    もっとみる
    飯間浩明の日本語探偵【つ】「募ったが募集せず」なぜこれで済むのだろう

    飯間浩明の日本語探偵【つ】「募ったが募集せず」なぜこれで済むのだろう

    国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。

    【つ】「募ったが募集せず」なぜこれで済むのだろう
    前々回にも触れた「桜を見る会」をめぐる攻防では、ことばの使い方について、何かと衝撃的な実例を見ます。

    とりわけ驚いたのは、首相の「募る・募集」に関する発言でした。1月28日の衆議院予算委員会で、野党議員から「(地元事務所が会の参加者を)募集していたことをいつから知っ

    もっとみる
    美しい言葉とは 中野信子「脳と美意識」

    美しい言葉とは 中野信子「脳と美意識」

    ★前回の記事はこちら
    ※本連載は第11回です。最初から読む方はこちら。

     カタカナ語をめぐる言説がかまびすしい。

     ここまで誰も彼もが同じようなことを口にしているのを見ると、ただカタカナ語を使うな、と言いたいだけなんじゃないか? と勘繰りたくなってしまう。また誰か特定の一人を叩く流れにみんな便乗しようとしているのか、とうんざりもしてくる。何度も何度も注意を喚起してきたのに、やっぱり同じことが起

    もっとみる
    自民党「派閥政治」が果たした役割とは?|三浦瑠麗

    自民党「派閥政治」が果たした役割とは?|三浦瑠麗

    ★前回の記事はこちら。
    ※本連載は第21回です。最初から読む方はこちら。

     政治はそれほど理想が異ならない二人を分断する営みであるということを前回は書きました。本日は、人びとの分断は完全に不毛なものなのか、そうでないのかを考えたいと思います。

     人間をまず分断するものは、政治ではなくて属性と立場です。人間にはそもそも想像力というものが限られていて、ほとんどの人は自分の立場しか理解できない。そう

    もっとみる
    詩|原田郁子

    詩|原田郁子



    【編集部よりお知らせ】
    文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、

    もっとみる