文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。

文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。

    マガジン

    • 文藝春秋digital

      一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスです。

    • 三人の卓子 「文藝春秋」読者の感想文

      創刊100周年の雑誌『文藝春秋』での名物コーナー「三人の卓子」。読者の皆様からの記事への感想を募集・掲載しています。メールやお手紙で以下までお送り下さい。 規定 600字以内 住所・氏名・年齢・生年月日(西暦)・メールアドレス・職業明記 次号の締切りは20日 掲載の方には記念品をお贈りします。 宛先 〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23 文藝春秋編集部「三人の卓子」係 ※電子メールでのご投稿の場合、添付ファイルはお避け下さい。 アドレス mbunshun@bunshun.co.jp

    • #みんなの文藝春秋

      「私は頼まれて物を云うことに飽いた。自分で考えていることを、読者や編集者に気兼なしに、自由な心持で云ってみたい」。「文藝春秋」を創刊した理由として、作家・菊池寛はこう言いました。つまり、「文藝春秋」とはクリエイターによるクリエイターのための雑誌だったのです。その精神を引き継ぎ、noteクリエイターによるnoteクリエイターのためのマガジンをここに作りました。「#みんなの文藝春秋」でどしどし記事をお書きください。記事の感想でも、コラムでも、小説でも、「文章」であれば、なんでもあり。編集部がピックアップしてこちらにまとめます!

    • 文藝春秋digitalオリジナル無料連載

      “文藝春秋の顔”というべき筆者たちによる「文藝春秋 digital」オリジナル無料連載をまとめました。三浦瑠麗、門井慶喜、中野信子、出口治明、森功、辻田真佐憲、野口悠紀雄、西寺郷太、麻生幾の各氏が交代で執筆します。

    • 2021年の論点100

      【12月1日配信スタート】毎日、朝晩2本の記事を配信。2021年の日本、そして世界はどうなる? 「文藝春秋」に各界の叡智が結集。コロナ禍で混迷を極める世界を読み解く100本の優れた論考をお届けします。50日後にマガジンが完成します。

    リンク

    記事一覧

    新連載小説「ミス・サンシャイン」#3|吉田修一

    【前号まで】 昭和の大女優・和楽京子こと石田鈴の元で荷物整理のアルバイトをする大学院生の岡田一心は、物置部屋で見つけた評伝の表紙を飾る鈴の姿に目を奪われた。手伝…

    【1-政治】トランプ後、分断を深める米国と安定という名の停滞を続ける日本|佐藤優

    文・佐藤優(作家・元外務省主任分析官) トランプ大統領はもはや過去の人アメリカ大統領選挙はバイデン氏の勝利で終わりました。トランプ大統領は、票の集計に不正があっ…

    【イベントレポ】文藝春秋CMO Lounge 「市場」の中の私から「社会」の中の私へ――変わるブランド戦略

    CMOとは、Chief Marketing Officerの略語。日本語に訳すなら、「最高マーケティング責任者」となる。博報堂ケトル、キリンビバレッジ、そしてソフトバンク――。未曽有のパ…

    Voicy「文藝春秋channel|聴く雑誌」11月22日(日)~11月28日(土)放送回

    Voicyで放送中の「文藝春秋channel」は、作家、ジャーナリスト、ライター、編集者など、普段は「活字」で表現することが多い人たちが「音声」でも伝えるラジオです。 この…

    クイズ「私は誰でしょう?」小さな大物

    【ヒント】 政治家や経済人などの肉声を記録する、オーラル・ヒストリーの開拓者は? 皆さん、分かりましたか? 答えは…… ◆御厨貴 1951年4月27日生まれ 政治学者…

    大塚久美子氏退任へ…大塚家具「父と娘」の1500日戦争

    3期連続の大幅赤字、身売り報道……。経営をめぐる戦いに、誰が勝ち、誰が負けたのか?(文・磯山友幸/経済ジャーナリスト) <この記事のポイント> ●上場企業の経営問…

    新連載小説「ミス・サンシャイン」#3|吉田修一

    新連載小説「ミス・サンシャイン」#3|吉田修一

    【前号まで】
    昭和の大女優・和楽京子こと石田鈴の元で荷物整理のアルバイトをする大学院生の岡田一心は、物置部屋で見つけた評伝の表紙を飾る鈴の姿に目を奪われた。手伝いにきた元マネージャーの市井昌子から鈴の女優時代の「呼吸」について聞かされ、鈴の演技に興味をひかれていく。

    ★前回の話を読む。
    ★最初から読む。

    【1-政治】トランプ後、分断を深める米国と安定という名の停滞を続ける日本|佐藤優

    【1-政治】トランプ後、分断を深める米国と安定という名の停滞を続ける日本|佐藤優

    文・佐藤優(作家・元外務省主任分析官)

    トランプ大統領はもはや過去の人アメリカ大統領選挙はバイデン氏の勝利で終わりました。トランプ大統領は、票の集計に不正があったと法廷闘争に訴える構えですが、さすがにこれは通らないでしょう。いくら最高裁判所に保守派の判事が多いといっても、「数字」という事実がある以上、どうにもならない。このあとトランプ大統領にできることといえば、任期満了後も軍隊を動員するなどして

    もっとみる
    【イベントレポ】文藝春秋CMO Lounge 「市場」の中の私から「社会」の中の私へ――変わるブランド戦略

    【イベントレポ】文藝春秋CMO Lounge 「市場」の中の私から「社会」の中の私へ――変わるブランド戦略

    CMOとは、Chief Marketing Officerの略語。日本語に訳すなら、「最高マーケティング責任者」となる。博報堂ケトル、キリンビバレッジ、そしてソフトバンク――。未曽有のパンデミックを経験したCMOたちは、今後の新たなマーケティングの道筋をいかに描くのか。

    10月23日(金)、文藝春秋が開催したオンラインセミナー「CMO Lounge」の模様をレポートする。

    ◆キーノートセッショ

    もっとみる
    Voicy「文藝春秋channel|聴く雑誌」11月22日(日)~11月28日(土)放送回

    Voicy「文藝春秋channel|聴く雑誌」11月22日(日)~11月28日(土)放送回

    Voicyで放送中の「文藝春秋channel」は、作家、ジャーナリスト、ライター、編集者など、普段は「活字」で表現することが多い人たちが「音声」でも伝えるラジオです。

    この記事では、直近の放送を振り返ります。Voicyアプリをダウンロードの上、ぜひフォローしてお聴きください。

    ★11月25日(水)★11月26日(木)★11月28日(土)

    クイズ「私は誰でしょう?」小さな大物

    クイズ「私は誰でしょう?」小さな大物



    【ヒント】
    政治家や経済人などの肉声を記録する、オーラル・ヒストリーの開拓者は?

    皆さん、分かりましたか? 答えは……

    ◆御厨貴

    1951年4月27日生まれ 政治学者

    「一人っ子で、母離れできなくてね。幼稚園のりんご狩りも浮かない顔(扉頁)。歴史に目覚めたのは、高校時代。校内誌の編集長として書いた論文が、朝日新聞のコラムで紹介されたのがきっかけでした」

    東大法学部卒業後、大学で助手と

    もっとみる
    大塚久美子氏退任へ…大塚家具「父と娘」の1500日戦争

    大塚久美子氏退任へ…大塚家具「父と娘」の1500日戦争

    3期連続の大幅赤字、身売り報道……。経営をめぐる戦いに、誰が勝ち、誰が負けたのか?(文・磯山友幸/経済ジャーナリスト)

    <この記事のポイント>
    ●上場企業の経営問題が「家族の諍い」に置き換わることで、問題の大事な本質が見失われてしまった
    ●スキャンダルと後継者の退職、本業の環境悪化という三重苦の中で、久美子氏は社長に就任した
    ●父娘対立の末に社を追われた父・勝久氏と母・千代子氏は大塚家具への関心

    もっとみる