文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。

文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。

    マガジン

    • 文藝春秋digital

      一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスです。

    • 三人の卓子 「文藝春秋」読者の感想文

      創刊100周年の雑誌『文藝春秋』での名物コーナー「三人の卓子」。読者の皆様からの記事への感想を募集・掲載しています。メールやお手紙で以下までお送り下さい。 規定 600字以内 住所・氏名・年齢・生年月日(西暦)・メールアドレス・職業明記 次号の締切りは20日 掲載の方には記念品をお贈りします。 宛先 〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23 文藝春秋編集部「三人の卓子」係 ※電子メールでのご投稿の場合、添付ファイルはお避け下さい。 アドレス mbunshun@bunshun.co.jp

    • #みんなの文藝春秋

      「私は頼まれて物を云うことに飽いた。自分で考えていることを、読者や編集者に気兼なしに、自由な心持で云ってみたい」。「文藝春秋」を創刊した理由として、作家・菊池寛はこう言いました。つまり、「文藝春秋」とはクリエイターによるクリエイターのための雑誌だったのです。その精神を引き継ぎ、noteクリエイターによるnoteクリエイターのためのマガジンをここに作りました。「#みんなの文藝春秋」でどしどし記事をお書きください。記事の感想でも、コラムでも、小説でも、「文章」であれば、なんでもあり。編集部がピックアップしてこちらにまとめます!

    • 文藝春秋digitalオリジナル無料連載

      “文藝春秋の顔”というべき筆者たちによる「文藝春秋 digital」オリジナル無料連載をまとめました。三浦瑠麗、門井慶喜、中野信子、出口治明、森功、辻田真佐憲、野口悠紀雄、西寺郷太、麻生幾の各氏が交代で執筆します。

    • 2021年の論点100

      【12月1日配信スタート】毎日、朝晩2本の記事を配信。2021年の日本、そして世界はどうなる? 「文藝春秋」に各界の叡智が結集。コロナ禍で混迷を極める世界を読み解く100本の優れた論考をお届けします。50日後にマガジンが完成します。

    リンク

    記事一覧

    司馬遼太郎『坂の上の雲』大講義 ビジネスマン必須の“最高の共通言語”【片山杜秀×佐藤優】

    「エリート」と「大衆」が分断された今こそ、世代を超えて読み継ぐべき「国民文学」。/片山杜秀(慶應義塾大学教授)×佐藤優(作家・元外務省主任分析官) <この記事の…

    【63-WITHコロナの時代 】なぜ日本人は「コロナ感染は自業自得」と考えてしまうのか|三浦麻子

    文・三浦麻子(大阪大学大学院教授) 「感染は自業自得だと思う」 2020年3月から4月にかけて、私たちの研究グループでは、日本、アメリカ、イギリス、中国、イタリアの5か…

    【62-WITHコロナ】の時代 最も頭の悪いウイルスでさえ 最も頭のいいウイルス学者より賢い

    文・近藤一博(東京慈恵会医科大学ウイルス学講座教授) “コロナうつ” 最も頭の悪いウイルスでさえ、最も頭のいいウイルス学者より賢い――。 これは昔からウイルス学…

    小説「ミス・サンシャイン」# 4|吉田修一

    【前号まで】 昭和の大女優・和楽京子こと石田鈴の元で荷物整理のアルバイトをする大学院生の岡田一心は、彼女の作品を共通の話題にして、カフェの女性店員と交流を深めて…

    コロナで苦しむ映画業界 同時配信にドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が抗議文|Ms.メラニー

    ワーナーメディアが、2021年のワーナー劇場公開予定作品17本すべてをHBO Maxにおいて追加料金なしで同時配信する――。この一報に対し、『メッセージ』などの監督で知られ…

    NONA REEVES西寺郷太が語る「NiziU」成功の最大のファクター

    日本のソニー・ミュージックと韓国の芸能プロダクション、JYPエンターテインメントが組んで誕生したガールズグループ『NiziU(ニジュー)』。2020年12月の本格デビューの前…

    司馬遼太郎『坂の上の雲』大講義 ビジネスマン必須の“最高の共通言語”【片山杜秀×佐藤優】

    司馬遼太郎『坂の上の雲』大講義 ビジネスマン必須の“最高の共通言語”【片山杜秀×佐藤優】

    「エリート」と「大衆」が分断された今こそ、世代を超えて読み継ぐべき「国民文学」。/片山杜秀(慶應義塾大学教授)×佐藤優(作家・元外務省主任分析官)

    <この記事のポイント>
    ▶︎連載が開始されたのは1968年。右肩上がりの時代に、多くの読者は徐々に“成り上がっていく”自分を重ね合わせて読んだ
    ▶︎司馬遼太郎はとにかく「動いているもの」が好きで、「組織」とか「システム」には全く興味を示さなかった

    もっとみる
    【63-WITHコロナの時代 】なぜ日本人は「コロナ感染は自業自得」と考えてしまうのか|三浦麻子

    【63-WITHコロナの時代 】なぜ日本人は「コロナ感染は自業自得」と考えてしまうのか|三浦麻子

    文・三浦麻子(大阪大学大学院教授)

    「感染は自業自得だと思う」
    2020年3月から4月にかけて、私たちの研究グループでは、日本、アメリカ、イギリス、中国、イタリアの5か国で、それぞれ400~500人を対象に、新型コロナウイルス感染症に関する意識調査を行いました。

    その結果、日本では「新型コロナウイルスに感染する人は、自業自得だと思う」という項目に対し、「そう思う」(「非常にそう思う」「ややそう

    もっとみる
    【62-WITHコロナ】の時代

最も頭の悪いウイルスでさえ 最も頭のいいウイルス学者より賢い

    【62-WITHコロナ】の時代 最も頭の悪いウイルスでさえ 最も頭のいいウイルス学者より賢い

    文・近藤一博(東京慈恵会医科大学ウイルス学講座教授)

    “コロナうつ”
    最も頭の悪いウイルスでさえ、最も頭のいいウイルス学者より賢い――。

    これは昔からウイルス学の世界で言われてきた言葉です。

    それにしても、今年はウイルスに明け暮れた1年でした。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、世界では多くの人が命を落とす一方、“うつ症状”に見舞われる人も続出しました。慣れない在宅勤務や不要不急の外出制限

    もっとみる
    小説「ミス・サンシャイン」# 4|吉田修一

    小説「ミス・サンシャイン」# 4|吉田修一

    【前号まで】
    昭和の大女優・和楽京子こと石田鈴の元で荷物整理のアルバイトをする大学院生の岡田一心は、彼女の作品を共通の話題にして、カフェの女性店員と交流を深めていく。肉体派女優と呼ばれた和楽京子は巨匠・千家監督の目に留まり、後に世界を席巻する『竹取物語』に出演した。

    ★前回の話を読む。
    ★最初から読む。

    凱旋帰国 一九五〇年代のことである。その年、日本映画界はもちろん、まだ敗戦の色濃い日本全土

    もっとみる
    コロナで苦しむ映画業界 同時配信にドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が抗議文|Ms.メラニー

    コロナで苦しむ映画業界 同時配信にドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が抗議文|Ms.メラニー

    ワーナーメディアが、2021年のワーナー劇場公開予定作品17本すべてをHBO Maxにおいて追加料金なしで同時配信する――。この一報に対し、『メッセージ』などの監督で知られるドゥニ・ヴィルヌーヴらが抗議の声をあげた。30年にわたってアカデミー賞をウォッチし続け、『なぜオスカーはおもしろいのか? 受賞予想で100倍楽しむ「アカデミー賞」』の著書があるMs.メラニーが解説する。(文・Ms.メラニー/オ

    もっとみる
    NONA REEVES西寺郷太が語る「NiziU」成功の最大のファクター

    NONA REEVES西寺郷太が語る「NiziU」成功の最大のファクター

    日本のソニー・ミュージックと韓国の芸能プロダクション、JYPエンターテインメントが組んで誕生したガールズグループ『NiziU(ニジュー)』。2020年12月の本格デビューの前にプレデビュー曲をネットなどで公開したところ、YouTubeでの再生回数は約1.8億に達した。この爆発的な人気を、自身もアーティストであり、音楽プロデューサーでもある『NONA REEVES』の西寺郷太氏が分析する。

    西寺氏

    もっとみる