文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。

文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。

    マガジン

    • 文藝春秋digital

      一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスです。

    • 三人の卓子 「文藝春秋」読者の感想文

      創刊100周年の雑誌『文藝春秋』での名物コーナー「三人の卓子」。読者の皆様からの記事への感想を募集・掲載しています。メールやお手紙で以下までお送り下さい。 規定 600字以内 住所・氏名・年齢・生年月日(西暦)・メールアドレス・職業明記 次号の締切りは20日 掲載の方には記念品をお贈りします。 宛先 〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23 文藝春秋編集部「三人の卓子」係 ※電子メールでのご投稿の場合、添付ファイルはお避け下さい。 アドレス mbunshun@bunshun.co.jp

    • #みんなの文藝春秋

      「私は頼まれて物を云うことに飽いた。自分で考えていることを、読者や編集者に気兼なしに、自由な心持で云ってみたい」。「文藝春秋」を創刊した理由として、作家・菊池寛はこう言いました。つまり、「文藝春秋」とはクリエイターによるクリエイターのための雑誌だったのです。その精神を引き継ぎ、noteクリエイターによるnoteクリエイターのためのマガジンをここに作りました。「#みんなの文藝春秋」でどしどし記事をお書きください。記事の感想でも、コラムでも、小説でも、「文章」であれば、なんでもあり。編集部がピックアップしてこちらにまとめます!

    • 文藝春秋digitalオリジナル無料連載

      “文藝春秋の顔”というべき筆者たちによる「文藝春秋 digital」オリジナル無料連載をまとめました。三浦瑠麗、門井慶喜、中野信子、出口治明、森功、辻田真佐憲、野口悠紀雄、西寺郷太、麻生幾の各氏が交代で執筆します。

    • 2021年の論点100

      【12月1日配信スタート】毎日、朝晩2本の記事を配信。2021年の日本、そして世界はどうなる? 「文藝春秋」に各界の叡智が結集。コロナ禍で混迷を極める世界を読み解く100本の優れた論考をお届けします。50日後にマガジンが完成します。

    リンク

    記事一覧

    【10月9日(日)20時~】 池上彰×入山章栄「キリスト教もカルトだった!? 今こそ『プロ倫』に宗教を学べ」

    ◆“カルト”が資本主義を生んだ? 文藝春秋digitalは、10月9日(日)20時〜、ジャーナリストの池上彰さんと経営学者の入山章栄さんによるオンライン対談イベント「キリス…

    三浦しをん ゆびさきに魔法15

    【前号まで】 ネイルサロン「月と星」を営む月島美佐は、後輩の大沢星絵の働きぶりを頼もしく見守りながらも、ここのところ何かを切り出そうともじもじする彼女の様子が気…

    【れ】「霊感商法」について認識が不足だったと反省 飯間浩明 日本語探偵74

    国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。 【れ】「霊感商法」について認識が不足だったと反省世界平和統一家庭連合(旧統一教会…

    「電子の箱」の一辺の長さ=1兆分の157メートル 佐藤健太郎 数字の科学

    サイエンスライターの佐藤健太郎氏が世の中に存在する様々な「数字」のヒミツを分析します。 「電子の箱」の一辺の長さ=1兆分の157メートル「電子書籍」「電子計算機」な…

    目耳口

    高級感溢れるツナ缶は 静岡が誇る鉄板ギフト一本釣りのびん長鮪を1缶に1尾使用し、手作業で仕上げる最高級ツナ缶。熟練の技とスペイン王室御用達の香り高いオリーブオイ…

    至福の贈り物10 石破茂「自分の好みで選ばない」

    文・石破茂(衆議院議員) 石破さん 自分の好みで選ばない以前、ある国の政府高官からいただいた贈り物が、重さ20キロはある貴石の飾り物だったことがありました。お気持…

    【10月9日(日)20時~】 池上彰×入山章栄「キリスト教もカルトだった!? 今こそ『プロ倫』に宗教を学べ」

    【10月9日(日)20時~】 池上彰×入山章栄「キリスト教もカルトだった!? 今こそ『プロ倫』に宗教を学べ」

    ◆“カルト”が資本主義を生んだ?
    文藝春秋digitalは、10月9日(日)20時〜、ジャーナリストの池上彰さんと経営学者の入山章栄さんによるオンライン対談イベント「キリスト教もカルトだった! 今こそ『プロ倫』に宗教を学べ」を開催します。

    《ご視聴は本ページ下部よりお申し込みいただけます》

    今年から池上さんと入山さんは文藝春秋digital上で対談シリーズを開始。歴史・ビジネス・軍事・経済など

    もっとみる
    三浦しをん ゆびさきに魔法15

    三浦しをん ゆびさきに魔法15

    【前号まで】
    ネイルサロン「月と星」を営む月島美佐は、後輩の大沢星絵の働きぶりを頼もしく見守りながらも、ここのところ何かを切り出そうともじもじする彼女の様子が気にかかっていた。ある日、二人は店内のキッズスペースで働く保育士の伊山にはじめてのフットネイルを施している。

    ★前回を読む。
    ★最初から読む。

    【れ】「霊感商法」について認識が不足だったと反省 飯間浩明 日本語探偵74

    【れ】「霊感商法」について認識が不足だったと反省 飯間浩明 日本語探偵74

    国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。

    【れ】「霊感商法」について認識が不足だったと反省世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連施設を訪問したことで追及を受けた自民党の萩生田政調会長が、〈昭和の時代の関連商法のことなどは承知をしておりましたが……〉とコメントしました(8月18日)。その後の教会の事情には詳しくない、という弁明です。

    ニュースを聞いて、私は

    もっとみる
    「電子の箱」の一辺の長さ=1兆分の157メートル 佐藤健太郎 数字の科学

    「電子の箱」の一辺の長さ=1兆分の157メートル 佐藤健太郎 数字の科学

    サイエンスライターの佐藤健太郎氏が世の中に存在する様々な「数字」のヒミツを分析します。

    「電子の箱」の一辺の長さ=1兆分の157メートル「電子書籍」「電子計算機」などなど、電子という言葉は身近でも気軽に使われる。だがその電子とは、いったいどのようなものなのだろうか。実のところ、物理学者の中にも電子を直接見た者はいない。その大きさや所在さえもはっきりせず、ぼんやりと広がった極小の雲のような存在だと

    もっとみる
    目耳口

    目耳口

    高級感溢れるツナ缶は 静岡が誇る鉄板ギフト一本釣りのびん長鮪を1缶に1尾使用し、手作業で仕上げる最高級ツナ缶。熟練の技とスペイン王室御用達の香り高いオリーブオイルが生み出すこのツナは、口の中で溶けていくような食感とジューシーな旨みに驚かされる。数量限定、究極のこだわりの証として手書きのシリアルナンバー付き。

    鮪とろBLACK LABEL
    5,400円(90g)

    創業100年を迎える 浅草伝統の

    もっとみる
    至福の贈り物10 石破茂「自分の好みで選ばない」

    至福の贈り物10 石破茂「自分の好みで選ばない」

    文・石破茂(衆議院議員)

    石破さん

    自分の好みで選ばない以前、ある国の政府高官からいただいた贈り物が、重さ20キロはある貴石の飾り物だったことがありました。お気持ちは有難いけれど……。

    そんな経験もあって、私が外国の要人に贈り物をする際、大事にしている条件があります。まず、日本国の肩書を背負うので自分の好みだけで選ばないこと。次に、日本らしいものであること。そして、相手に過度な心理的負担を与

    もっとみる