文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。

文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。

    マガジン

    • 文藝春秋digital

      一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを配信。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスです。

    • #みんなの文藝春秋

      「私は頼まれて物を云うことに飽いた。自分で考えていることを、読者や編集者に気兼なしに、自由な心持で云ってみたい」。「文藝春秋」を創刊した理由として、作家・菊池寛はこう言いました。つまり、「文藝春秋」とはクリエイターによるクリエイターのための雑誌だったのです。その精神を引き継ぎ、noteクリエイターによるnoteクリエイターのためのマガジンをここに作りました。「#みんなの文藝春秋」でどしどし記事をお書きください。記事の感想でも、コラムでも、小説でも、「文章」であれば、なんでもあり。編集部がピックアップしてこちらにまとめます!

    • 文藝春秋digitalオリジナル無料連載

      “文藝春秋の顔”というべき筆者たちによる「文藝春秋 digital」オリジナル無料連載をまとめました。三浦瑠麗、門井慶喜、中野信子、出口治明、森功、辻田真佐憲、野口悠紀雄、西寺郷太、麻生幾の各氏が交代で執筆します。

    • 三人の卓子 「文藝春秋」読者の感想文

      創刊100周年の雑誌『文藝春秋』での名物コーナー「三人の卓子」。読者の皆様からの記事への感想を募集・掲載しています。メールやお手紙で以下までお送り下さい。 規定 600字以内 住所・氏名・年齢・生年月日(西暦)・メールアドレス・職業明記 次号の締切りは20日 掲載の方には記念品をお贈りします。 宛先 〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23 文藝春秋編集部「三人の卓子」係 ※電子メールでのご投稿の場合、添付ファイルはお避け下さい。 アドレス mbunshun@bunshun.co.jp

    • 2021年の論点100

      【12月1日配信スタート】毎日、朝晩2本の記事を配信。2021年の日本、そして世界はどうなる? 「文藝春秋」に各界の叡智が結集。コロナ禍で混迷を極める世界を読み解く100本の優れた論考をお届けします。50日後にマガジンが完成します。

    リンク

    記事一覧

    【イベントレポート】LTV(顧客生涯価値)最大化のための“顧客の心をつかむ”マーケティング

    近年、「LTV」をマーケティング指標として重視する企業が増えている。LTVとはLife Time Valueの略で「顧客生涯価値」と訳されている。顧客1人あるいは1社の顧客がサービス…

    詩 さ、るゅー。(Salut) 蜆シモーヌ 

    さゆる美空に、心からご挨拶。さ、るゅー。 すると 光。あれ、 ごらん雷鳥が笑ってる。 あかい おめでたい お飾りめした たまひかるおめめの雷鳥。が、 いう。     …

    林桂 日日紀行――夏から冬へ 俳句

    故郷は遠くなるもの雲の峰 大伸びの山蛭山へ急ぎをり 掌の中で消えし清水の光かな 秋草のみな濡れてゐて潮あかり 大利根の光角立つ小春かな 父ははの國の近さよ風の花…

    短歌 パイン 永井祐 

    ごみ箱がとおいとおもう冬にまだなったところでここから長い 駅前の地面を掘った穴があり上半分の脚立がみえる 階段を浮かび上がってきびきびと方向を変える手すりの動き…

    芝山幹郎 「汚濁を恐れぬヒーロー」勝新太郎 スターは楽し

     飯倉片町の〈キャンティ〉が西麻布の交差点近くに支店を出したときだから、1980年代半ばごろの話だ。〈十々〉の先をもう少し広尾に寄った地下の店。

    柴田理恵 かっこいいお母さん オヤジとおふくろ

     私が生まれたのは昭和三十四年。母親は家でご飯をつくりながら、夫や子供の帰りを待つというのが、当時の一般的な家庭の姿でした。そんな時代に、私の母は小学校の教員と…

    【イベントレポート】LTV(顧客生涯価値)最大化のための“顧客の心をつかむ”マーケティング

    【イベントレポート】LTV(顧客生涯価値)最大化のための“顧客の心をつかむ”マーケティング

    近年、「LTV」をマーケティング指標として重視する企業が増えている。LTVとはLife Time Valueの略で「顧客生涯価値」と訳されている。顧客1人あるいは1社の顧客がサービスを利用しているライフサイクル全期間で、その顧客が企業にもたらした価値(利益)の総計のことと定義され、長期的かつ継続的にサービスを購入・利用する顧客ほど、LTVが高くなる。
    LTVにはいくつか計算方法があり、LTV=顧客

    もっとみる
    詩 さ、るゅー。(Salut) 蜆シモーヌ 

    詩 さ、るゅー。(Salut) 蜆シモーヌ 

    さゆる美空に、心からご挨拶。さ、るゅー。
    すると
    光。あれ、
    ごらん雷鳥が笑ってる。
    あかい おめでたい
    お飾りめした たまひかるおめめの雷鳥。が、
    いう。          うー、うぃ。
    春。が、きます。
    霞む
    にんげんの時代。も、ましろくあらわれる春。が、きます。

    林桂 日日紀行――夏から冬へ 俳句

    林桂 日日紀行――夏から冬へ 俳句

    故郷は遠くなるもの雲の峰

    大伸びの山蛭山へ急ぎをり

    掌の中で消えし清水の光かな

    秋草のみな濡れてゐて潮あかり

    大利根の光角立つ小春かな

    父ははの國の近さよ風の花

    夢の世の雪傘のなか明るけれ

    短歌 パイン 永井祐 

    短歌 パイン 永井祐 

    ごみ箱がとおいとおもう冬にまだなったところでここから長い

    駅前の地面を掘った穴があり上半分の脚立がみえる

    階段を浮かび上がってきびきびと方向を変える手すりの動き

    パインあめを一つもらって置いておく来年になってもきっとある

    本当にぼくが行きたい明け方の気温はどれぐらいなのだろう

    ほかの時代のほかの国にもいるような気がする人とお酒を飲みに

    映画なんか家で見ろよとだれかが言う池袋駅西口の霧

    芝山幹郎 「汚濁を恐れぬヒーロー」勝新太郎 スターは楽し

    芝山幹郎 「汚濁を恐れぬヒーロー」勝新太郎 スターは楽し

     飯倉片町の〈キャンティ〉が西麻布の交差点近くに支店を出したときだから、1980年代半ばごろの話だ。〈十々〉の先をもう少し広尾に寄った地下の店。

    柴田理恵 かっこいいお母さん オヤジとおふくろ

    柴田理恵 かっこいいお母さん オヤジとおふくろ

     私が生まれたのは昭和三十四年。母親は家でご飯をつくりながら、夫や子供の帰りを待つというのが、当時の一般的な家庭の姿でした。そんな時代に、私の母は小学校の教員として働いていた。しかも、男性並みにバリバリと仕事をこなしたがるタイプでした。