2020年の論点100

101

「お笑い第7世代」が巻き起こす世代交代の波

文・ラリー遠田(作家・お笑い評論家)  お笑いの世界では「お笑い第7世代」という言葉をちらほら耳にするようになってきた。明確な定義があるわけで…

十三代目市川團十郎 その襲名と歌舞伎の近未来

文・中川右介(作家、編集者)  2020年5月に、市川海老蔵が13代目市川團十郎白猿を襲名する。偶然にも、改元とほぼ同時に歌舞伎界も新しい時代となる…

箱根駅伝 青学時代の次にくるのは?

文・碓井哲雄(神奈川工科大学陸上競技部監督)  前回、2019年の箱根駅伝第95回大会ではつくづく3強の壁を感じました。往路は東洋大学、復路は青山学…

大坂、渋野、八村…… ゴールデンエイジの限界突破が始まる!

文・生島淳(スポーツジャーナリスト)  2019年の日本のスポーツ界の事象をひと言で言い表すとしたら、「限界突破」という言葉が思い浮かぶ。  9月…

東京五輪 選手だけじゃない! 観客の熱中症が危ない

文・樫村修生(東京農業大学教授)  2019年10月16日、IOCが東京オリンピックのマラソン・競歩を札幌に移しての開催も検討していると報じられました。2…

問題は球数だけなのか?  一律の「制限」が選手の才能をつぶす

文・江本孟紀(野球評論家)  2018年の金足農・吉田輝星選手(現日ハム)につづき、2019年でも高校野球におけるピッチャーの球数制限が議論になってい…

日本ラグビー W杯の大成功の次は運営のプロ化にトライ!

文・大友信彦(スポーツライター)  ラグビーのプロリーグを立ち上げる――日本ラグビー協会の新しい副会長に就任した清宮克幸がこうブチ上げたのは20…

JRA唯一の女性騎手藤田菜七子はG1で勝てるのか!?

文・平松さとし(競馬ライター)  2020年にデビュー5年目を迎える藤田菜七子騎手(22)。現時点でJRA唯一の女性騎手である彼女が、果たしてG1を勝てる…

渋野日向子が切り拓く日本女子プロゴルフの近未来

文・内藤雄士(ツアープロコーチ・ゴルフ解説者)  2019年のAIG全英女子オープンで20歳の渋野日向子さんが初出場で優勝しました。まさか勝つところま…