2020年の論点100

101

「愛子天皇を認めるべきか」性別に関係なく人物本位 それが新しい流れ

1つのテーマで対論を読んで思考力を鍛えよう。このコラムのテーマは【愛子天皇を認めるべきか】です。 ★対論を読む 文・河西秀哉(名古屋大学大学院人…

「愛子天皇を認めるべきか」ご都合主義で皇位継承 順位を変える不遜さ

1つのテーマで対論を読んで思考力を鍛えよう。このコラムのテーマは【愛子天皇を認めるべきか】です。 ★対論を読む 文・阿比留瑠比(産経新聞論説委員…

「憲法を改正する必要はあるか」“不道徳”な現行憲法は一刻も早く改正すべき

1つのテーマで対論を読んで思考力を鍛えよう。このコラムのテーマは「憲法を改正する必要はあるか」です。 ★対論を読む 文・廣池幹堂(公益財団法人モ…

「憲法を改正する必要はあるか」「統帥権条項」が現代に復活する

1つのテーマで対論を読んで思考力を鍛えよう。このコラムのテーマは「憲法を改正する必要はあるか」です。 ★対論を読む 文・石川健治(東京大学教授)…

ポスト安倍に急浮上 河野太郎「河野家3代の悲願」

文・篠原文也(政治解説者)  あれは確か、河野太郎氏が小学6年生の時だったと思う。父親の洋平氏に誘われ、当時所有していた栃木県・那須の那須野牧…

安倍長期政権がもたらした弊害

文・望月衣塑子(東京新聞記者)  第1次内閣を含めた安倍晋三首相の通算在職期間は2019年11月に桂太郎内閣を超えて憲政史上最長となり、同年末には第2…

スポーツに政治を持ち込む自称・右派の愚

文・鷲田康(ジャーナリスト)  夏の甲子園大会で準優勝に輝いた星稜・奥川恭伸投手(18)や163㎞右腕の大船渡・佐々木朗希投手(17)らを擁するU‐18…

滝クリと結婚、大臣就任 小泉進次郎は総理の座に近づいたのか

文・常井健一(ノンフィクションライター)  築城10年、落城1日。  令和元年の小泉進次郎を一言で表現するのに、これほどふさわしい言葉はない。 …

1990年代の激変と現代における「政治の空白域」

文・三春充希(「みらい選挙プロジェクト」主宰)  国政選挙のたびに問題とされる投票率の低下ですが、いつから有権者が棄権しがちになったのかは、あ…

8050問題「中年のひきこもり」層のリスク

文・川北稔(愛知教育大学准教授)  2019年5月、ひきこもり傾向にあったとされる50代の男性が、川崎市でスクールバスを待つ児童や保護者を殺傷する事…