村上春樹『猫を棄てる』みんなの感想文

253

村上春樹が自身のルーツを通じて語る「一滴の雨水」としての責務とは

自分が自分自身について語ることは、そう気が進むことではない。他人の噂話、最近のニュース、…

「もし」を乗り越えた先にある幸福ーー村上春樹「猫を棄てる 父親について語る時」

 完璧なノンフィクションなどといったものは存在しない。完璧な記憶が存在しないように。  …

~大河の流れに飲み込まれても、一粒の雨粒の物語は継承されていく~村上 春樹『猫を…

エッセイ『職業としての小説家』でも感じましたが、随分と村上春樹自身の内面、考え方やパーソ…

猫を棄てる感想文

ワタシは村上家に飼われているネコである。名前はサワラ、春にいただくサワラの刺身はワタシの…

父親を語るときに村上春樹の語ること

僕がこれを読み始めた時に、多分僕と同じことを思った人も決して少なくはないのではないかと思…

『猫を棄てる 父親について語るとき』 / 村上春樹(著)を読んで

こんにちは。今日は、文藝春秋digital様が行なっている「村上春樹『猫を棄てる』感想文コンテ…

戻って来るには理由がある

毎年何か新しいことを始めることにしている。文章を書くことも新しいことの中に入っていて、詩…

#猫を棄てる感想文

#猫を棄てる感想文 『猫を棄てる』を読んだ時に、なぜか分からないですが、僕は記憶にない人…

村上春樹の「猫を棄てる」を読んで、私と双極性障害だった父の関係性を振り返る①

村上春樹の新作「猫を棄てる 父親について語るとき」。この著書は、村上春樹が今まで語ること…

樹上の猫は消えたのか?Did the cat on the tree disap…

『猫を棄てる』(村上春樹著)が一冊の本になりました。一冊の本になる前から文藝春秋の誌上で…