村上春樹『猫を棄てる』みんなの感想文

255

村上春樹について思うこと 〜『猫を棄てる』ときどき『スプートニクの恋人』〜

今日はあまりよく寝れなかった。 暑くなってきたことと昨日読んだ『猫を棄てる』が自分の中の…

雨粒のライフプラン(「猫を棄てる」感想文)

「おそらく僕らはみんな、それぞれの世代の空気を吸い込み、その固有の重力を背負って生きてい…

猫を棄てる 父について語るとき

私が、ビートルズを知ったのは、村上春樹さんの「ノルウェイの森」だった。 当時高校生だった…

村上春樹さんの『猫を棄てる 父親について語るとき』

この本の父親というのは、私の予備校時代に古典を担任されていた、村上千秋先生のことです。 …

主題と変奏 #猫を棄てる感想文

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を読んでもう三十五年たつ。 『羊をめぐる・…

風はいつか雨になるし、親は子どもに傷を託す ー 村上春樹「猫を棄てる」を読んで

めずらしく、最初から最後まで大真面目です。 ムラカミハルキとキシダナミ 28年の人生で、こ…

開かずの木箱

#村上春樹 #猫を棄てる感想文  空中を漂うような記憶を、私は頭の中にある木箱の中に一つず…

「猫を棄て」て闇を受け継ぐ

「猫を棄てる」を読んだ。初めて読みきった村上春樹の本である。ネタバレも含まないと話も書け…

Cahier 2020.05.26-2

ときどき、猫の夢を見ることがある。 夢の中で、わたしは小さな子猫と遊んでいる。 わたしは…

それでも捨て切れないもの〜村上春樹『猫を棄てる』を読んで〜

副題にある通り、著者によって自身の父親との思い出が淡々と、 むしろ意識してなのか抑えめの…