村上春樹『猫を棄てる』みんなの感想文

256

猫を棄てる感想文・偶然というあやふやなものと必然というものの上にある存在

「猫を棄てる、父親について語る時」は、父と、猫を棄てて来たのに、その猫は先回りして家で待…

#猫を棄てる感想文~思いを馳せて「降りること」

「降りることは、上がることよりずっとむずかしい。」 「上がること」とは、自己を他者と明確…

私の両親のこと

これは、村上春樹が描いた小説ではなく、自分の父親のことを書いたエッセーである。 彼は、小…

6.22 読書記録のススメ アプリの紹介

なんだかお久しぶりです。つぶやきじゃなくてこっちの投稿に戻ってみた。 今日は最近読んだ本…

#猫を棄てる感想文

「猫を棄てる」を読んで。 村上さんの本は大好…

村上春樹『猫を棄てる 父親について語るとき』 感想文 #猫を棄てる感想文

#猫を棄てる感想文   村上春樹の作品では父親をはじめ、家族という存在がほとんど出てこな…

クールの誕生

村上春樹氏『猫を棄てる 〜父親について語るとき〜』感想 #猫を棄てる感想文 机に立て掛けた…

村上春樹著「猫を棄てる」 感想文

木の上に上がった猫を、下で待ち続けている。 降りることは、上がることよりずっとむずかしい…

告白

国語教師について語るとき 昭和62年に、いわゆる、人生の転機を迎えた。高校入試とは、実際、…

【本】猫を棄てる/村上春樹〜誰しもが名もなき物語を紡ぐ

私は“戦争もの”が嫌いだ。 映画、ドラマ、アニメ、小説、遠回しに描かれた絵本ですら、見た…