村上春樹『猫を棄てる』みんなの感想文

254

一滴の雨水として

---雨が降っている。お気に入りの曲を止め、少し窓を開けて、雨の音を聞く。雨の匂いをかぐ。…

村上春樹著書『猫を棄てる 父親について語るとき』の感想文

(※すみません、めちゃくちゃ長文です)  恥ずかしながら、読書感想文を書くというのは、記…

村上春樹『猫を棄てる 父親について語るとき』(文藝春秋)

村上主義者なので、村上春樹の新刊が出たらとりあえずすぐ買う。普段なら予約なんてしないで、…