村上春樹『猫を棄てる』みんなの感想文

255

猫を棄てる感想文・偶然というあやふやなものと必然というものの上にある存在

「猫を棄てる、父親について語る時」は、父と、猫を棄てて来たのに、その猫は先回りして家で待…

6.22 読書記録のススメ アプリの紹介

なんだかお久しぶりです。つぶやきじゃなくてこっちの投稿に戻ってみた。 今日は最近読んだ本…

村上春樹『猫を棄てる 父親について語るとき』 感想文 #猫を棄てる感想文

#猫を棄てる感想文   村上春樹の作品では父親をはじめ、家族という存在がほとんど出てこな…

クールの誕生

村上春樹氏『猫を棄てる 〜父親について語るとき〜』感想 #猫を棄てる感想文 机に立て掛けた…

【本】猫を棄てる/村上春樹〜誰しもが名もなき物語を紡ぐ

私は“戦争もの”が嫌いだ。 映画、ドラマ、アニメ、小説、遠回しに描かれた絵本ですら、見た…

全員ぶん殴って全部奪え 猫を棄てる/村上春樹

例えば高校時代のあのうるさい教室の片隅でひっそりと「風の歌を聴け」を読むこと。それは周り…

父親、そして父親の父親 村上春樹『猫を棄てる』感想文

父親の父親、すなわち父方の祖父のお墓の中にはお骨が入っていないと知ったのは、かなり大きく…

一滴のわたしたちの、生きてる意味なんて、ある

ひとつとして同じでない。かといって特別であるなんてこともない。それが家族であって、そして…

「猫を棄てる」感想文ー私の父と祖父

村上春樹も人の子なんだな。そんな俗っぽい感想から始まって申し訳ない。 どんな人にも母がい…

父親、家族と私

私は16歳で、今は寮で生活をしている。 私の父は私が物心ついた時にはもう鬱病を患っていて、…