村上春樹『猫を棄てる』みんなの感想文

254

【猫を棄てる 感想文】

【猫を棄てる 父親について語るとき 村上春樹著 文藝春秋刊2020年4月25日 第1刷発行】 音…

「猫を棄てる」私は父に"おはよう"すら言えない

とても静かな作品でした。とくべつにわくわくするわけでもなく、涙がこぼれるわけでもなく。ご…

『猫を棄てる』。それは一つの道しるべ

戦争、家族、記憶、時代。このエッセイから読者にとって、様々な想いを受け止め、何かしらのメ…

『猫を棄てる』を読んで、コーラ瓶に集めたコインを憶う

「家系図、作りたいんだけど」 そう書いて送ったショートメールの一文に、父はなんの反応も示…

猫を棄てるを読んだときに僕の語ること

父親の死をきっかけに村上さんは、戦争が抱える罪を伝える必要性を強く感じたように思える。そ…