村上春樹『猫を棄てる』みんなの感想文

256

父親、家族と私

私は16歳で、今は寮で生活をしている。 私の父は私が物心ついた時にはもう鬱病を患っていて、…

「猫を棄てる」私は父に"おはよう"すら言えない

とても静かな作品でした。とくべつにわくわくするわけでもなく、涙がこぼれるわけでもなく。ご…

『猫を棄てる 父親について語るとき』について

新聞広告でこの本を見た時、今ふうに言えば胸に刺さるものがあった。 村上春樹の作品は「読ま…

猫を棄てる、親を棄てる

『猫を棄てる』/村上春樹 読了後、「親を棄てる」という言葉が頭に浮かんだ。少し言葉が乱暴…

㊗️ねぇきなりさん、きなりさん、あなたの素敵な文章ではるきの本買ったよ、きなりさん、、本屋で見かけたとき、嬉しかった。でもね一言だけ言わせて、あなたみたいな素敵なこと言えないけど、手に取った瞬間ね『薄っす』って思った。はるきだから面白いのはわかる。でも第一印象はサガミオリジナル

自らの足で戻ってくるものー読書感想# 17「猫を棄てる」

村上春樹さん「猫を棄てる」は非常に短い。でも、読後に残るものは重たい。村上さんと、長年溝…

モーメント・ア・モーメント #猫を棄てる感想文

著者は記憶の中の、棄てたはずの猫が戻っていた時の父親の表情の間(あわい)を、父親の幾重も…

『猫を棄てる 父親について語るとき』 / 村上春樹(著)を読んで

ページを繰るほどに、私が感じたこと。 この本はラジオのようだ。 村上春樹の声をそのまま聴い…

[#猫を棄てる感想文]猫を棄てる〜父親について語るとき〜村上春樹

父に一度だけ殴られたことがある。当時住んでいた社宅の近くの公園で、僕は家に帰りたくないと…