村上春樹『猫を棄てる』みんなの感想文

253

一滴のわたしたちの、生きてる意味なんて、ある

ひとつとして同じでない。かといって特別であるなんてこともない。それが家族であって、そして…

猫を棄てる、親を棄てる

『猫を棄てる』/村上春樹 読了後、「親を棄てる」という言葉が頭に浮かんだ。少し言葉が乱暴…

本② 『猫を棄てる  父親について語るとき』

村上春樹さん(以下、村上さん)の新刊『猫を棄てる 父親について語るとき』を読み終えました…

第十回 名もなき今の物語

以前と比べ家にいる時間が格段と多くなり、まあそんな生活に慣れてきたよねと思いつつも、やっ…