村上春樹『猫を棄てる』みんなの感想文

254

京都 若き日の恋人の肩 2

二、冬の終わり 植物園に着いたのは太陽がサンキストオレンジに変わるころ ぎりぎりに入園す…

あなた生まれてないわよ 村上春樹『猫を棄てる』

母の後ろからみていた。たしかにみていた。 真紅のオウムが油くさい新聞紙に包まれている。母…