村上春樹『猫を棄てる』みんなの感想文

255

『猫を棄てる』読了後に考えたこと

自分という存在があいまいになっていく感覚を知っている。いちばん幼い記憶の中それは、何処か…