村上春樹『猫を棄てる』みんなの感想文

255

他者という前提_「猫を棄てる」感想文

村上春樹さんの新刊「猫を棄てる」読了。私自身がちょうど、歳を重ねた母についてぼちぼちと振…

㊗️ねぇきなりさん、きなりさん、あなたの素敵な文章ではるきの本買ったよ、きなりさん、、本屋で見かけたとき、嬉しかった。でもね一言だけ言わせて、あなたみたいな素敵なこと言えないけど、手に取った瞬間ね『薄っす』って思った。はるきだから面白いのはわかる。でも第一印象はサガミオリジナル

猫を棄てる 父について語るとき

私が、ビートルズを知ったのは、村上春樹さんの「ノルウェイの森」だった。 当時高校生だった…

Cahier 2020.05.26-2

ときどき、猫の夢を見ることがある。 夢の中で、わたしは小さな子猫と遊んでいる。 わたしは…

「一滴の雨水」。選択肢。降りていくこと。―『猫を棄てる』を読んで―

今回は、村上春樹著『猫を棄てる 父親について語るとき』についての感想を書こうかなと思いま…

『猫を棄てる 父親について語るとき』 / 村上春樹(著)を読んで

ページを繰るほどに、私が感じたこと。 この本はラジオのようだ。 村上春樹の声をそのまま聴い…

[#猫を棄てる感想文]猫を棄てる〜父親について語るとき〜村上春樹

父に一度だけ殴られたことがある。当時住んでいた社宅の近くの公園で、僕は家に帰りたくないと…

樹上の猫は消えたのか?Did the cat on the tree disap…

『猫を棄てる』(村上春樹著)が一冊の本になりました。一冊の本になる前から文藝春秋の誌上で…

「世界はメタファーだ」

「メタファーを通して世界は物語になり歴史になる」 当初の文藝春秋での副題が「父親について…