村上春樹『猫を棄てる』みんなの感想文

254

雨粒の責務 —『猫を棄てる』感想文として

空襲の夜 1945年7月16日、夜。 祖母のいた神奈川県平塚市が、空襲に見舞われた。 祖母は当時…

㊗️ねぇきなりさん、きなりさん、あなたの素敵な文章ではるきの本買ったよ、きなりさん、、本屋で見かけたとき、嬉しかった。でもね一言だけ言わせて、あなたみたいな素敵なこと言えないけど、手に取った瞬間ね『薄っす』って思った。はるきだから面白いのはわかる。でも第一印象はサガミオリジナル