村上春樹『猫を棄てる』みんなの感想文

253

父とはきっと友達にはなれないけれど。『猫を棄てる』感想。

村上春樹著『猫を棄てる』感想文は、自然と自分と父の関係性を言葉にする試みになった。 1ヶ月…

父親、そして父親の父親 村上春樹『猫を棄てる』感想文

父親の父親、すなわち父方の祖父のお墓の中にはお骨が入っていないと知ったのは、かなり大きく…

一滴のわたしたちの、生きてる意味なんて、ある

ひとつとして同じでない。かといって特別であるなんてこともない。それが家族であって、そして…

父との関係

自粛期間中に読もうと思った本。本を買い過ぎて、やっと着手、読了できました。2時間弱ほどで…

猫を棄てる、親を棄てる

『猫を棄てる』/村上春樹 読了後、「親を棄てる」という言葉が頭に浮かんだ。少し言葉が乱暴…

『猫を棄てる』を読んで、コーラ瓶に集めたコインを憶う

「家系図、作りたいんだけど」 そう書いて送ったショートメールの一文に、父はなんの反応も示…

他者という前提_「猫を棄てる」感想文

村上春樹さんの新刊「猫を棄てる」読了。私自身がちょうど、歳を重ねた母についてぼちぼちと振…

引き継ぐこと、祈ること―村上春樹「猫を棄てる」を読む

先日、村上春樹さんの『猫を棄てる』を読んだ。たった一日で本を読み終えるなんて、本を読むの…

【猫を棄てて、よかった】

#猫を棄てる感想文 ------------------------------------------------------------------- …

㊗️ねぇきなりさん、きなりさん、あなたの素敵な文章ではるきの本買ったよ、きなりさん、、本屋で見かけたとき、嬉しかった。でもね一言だけ言わせて、あなたみたいな素敵なこと言えないけど、手に取った瞬間ね『薄っす』って思った。はるきだから面白いのはわかる。でも第一印象はサガミオリジナル