村上春樹『猫を棄てる』みんなの感想文

253

猫を棄てる、親を棄てる

『猫を棄てる』/村上春樹 読了後、「親を棄てる」という言葉が頭に浮かんだ。少し言葉が乱暴…

他者という前提_「猫を棄てる」感想文

村上春樹さんの新刊「猫を棄てる」読了。私自身がちょうど、歳を重ねた母についてぼちぼちと振…

一滴の雨粒として、糸を紡ぐー村上春樹『猫を棄てる:父親について語るとき』を読んで

海を越えてやって来た本 楽しみにしていた村上春樹さんの久しぶりの新刊は、日本から海を越え…

風はいつか雨になるし、親は子どもに傷を託す ー 村上春樹「猫を棄てる」を読んで

めずらしく、最初から最後まで大真面目です。 ムラカミハルキとキシダナミ 28年の人生で、こ…

人生に折り合いをつけるということ #猫を棄てる感想文

父親の役割を知らない私 先日、私と長男がケンカをしたとき、妻は息子にこう諭したそうだ。 …

本② 『猫を棄てる  父親について語るとき』

村上春樹さん(以下、村上さん)の新刊『猫を棄てる 父親について語るとき』を読み終えました…

村上春樹の「猫を棄てる」を読んで、私と双極性障害だった父の関係性を振り返る①

村上春樹の新作「猫を棄てる 父親について語るとき」。この著書は、村上春樹が今まで語ること…