#みんなの文藝春秋

126

誰もが安心して生きたいと思える世の中を心から願って:村田沙耶香『コンビニ人間』読…

村田沙耶香『コンビニ人間』文藝春秋を読了。 本書は、第155回芥川賞受賞作である。 読みやす…

久しぶりに文藝春秋を買った

昭和50年代、まだ小学生のワタシの家には三冊の雑誌が必ずといっていい程散らばっていた。家の…

毎日を、『あっ』という間にしないために

「『一年はあっという間』っていうけどさ、じっさい『あっ』て言っても一年は過ぎなくね??」…

趣味に必要なもの

 最近気が付いたことだが、私にはこれと言って趣味が無いらしい。  これまでは手芸が趣味だ…

映画の「間」に在るもの

 今晩は。日が短くなりました。わが家も只今は鈴虫の声に包まれています。すっかり秋色の気配…

'95 till Infinity 第4章も終わり / アボリジニの話

90年年代後半西オーストラリア・パースのドラッグ&スケートシーンが舞台の連載小説、'95 till…