#みんなの文藝春秋

155

古畑任三郎を20年ぶりに見た

いやぁ驚きました。20年と言えば生まれたての赤ちゃんが成人する年数です。そうです。本当に久…

ねじねじ録#11「ねぎらい夫婦」を読んで

タオルのグラデーションはきっと虹みたいに見えて、美しい正方形のご飯はタイルみたいな清潔さ…

なぜか、放っておけない人

その人は、はじめから、あまり人に媚を売らないまるで、野犬のような人だった。 自覚があるん…

100

Blackflower blossom

#みんなの文藝春秋 ひとり文春「たとえば」、の話だけど もし大金持ちで孤独な老人だったらこ…

ねじねじ録#9「見えない敵」を読んで

見えない敵は、1人1つ生まれながらに備わってる装置みたいで、会うといつもにこにこしているあ…

運動神経が悪いとコロナ禍の感想も異質になる 運動神経が悪いということ Vol.5

「正しさが、人からいたわりを奪った」―ある主婦の言葉が、胸に響いた。昨年来、コロナ禍に関…