マガジンのカバー画像

#みんなの文藝春秋

174
「私は頼まれて物を云うことに飽いた。自分で考えていることを、読者や編集者に気兼なしに、自由な心持で云ってみたい」。「文藝春秋」を創刊した理由として、作家・菊池寛はこう言いました。… もっと読む
運営しているクリエイター

#創作

350○ 産まれる

「産まれる」 深々と鳴る脈を お腹の中で聴いていた時 来日も来日ももはや 日が巡っているの…

なかじ
6か月前

赤雲

それを話したところで一体誰が信じるのだろうか。 ***** 古い公営団地が侘しく立ち並ぶ迷路…

原井浮世
6か月前

小説『虹の振り子』02

第1話(01)は、こちらから、どうぞ。 第1章:翔子ーフライト02「ブレックファストだよ」 …

deko
10か月前

エッセイ/深夜の

久しぶりにガンプラを作った。小さなSDガンダム。二頭身のかわいいやつだ。購入したのは1ヶ月…

不器用な、自分とずっとつきあってる。

不器用だなって思う。 カッターナイフの使い方がどうも みていて危なっかしいとか、 お箸の…

掌編「好きなのを持って行きなさい」

 今年もそろそろだと、空を見上げて思う。  農家の石井さんの奥さんは、畑で季節野菜を作っ…

いち
1年前

「本当に好きな物って、どうして上手く語れないのだろう」

 今日こそ書こうと思ってノートを広げる。そして真っ新に向き合うと思う。本当に好きな物って、上手く語れない。想いが溢れて、込めるものが多すぎて言葉にするのが難しい。何よりも、口に出すのが恥ずかしい。そもそも恥ずかしくて、普段から直視できていないことに気が付く。  けれど、だからこそ言葉にしなければならないのだ。己の中の火を消して、冷静に、自分自身と対象とを見詰めなければならない。そして、そこから生まれるものを言葉で表現できなければ、物書きではない。難しい言葉を並べる必要は無い

スキ
11