#みんなの文藝春秋

96

「未来は常に過去を変えている」

題名のセリフがとても印象深い作品、『マチネの終わりに』を読みました。 パリと東京を舞台に…

全身にタックルを受けたような重くて鈍い衝撃と妙な解放感を覚えた【『破局』遠野遥】

第163回芥川賞を受賞した『破局』は、昨年2019年に文藝賞を受賞してデビューしたばかりの新人…

夜に溶けた境界線【明け方の若者たち】

忘れられない人、忘れられない思い出だって、時間が経てば、ただの事象にかわっていく。解像度…

これが説明責任なのカニ? 12月3日、ハーバー・ビジネス・オンライン(筆者=鈴木 エ…

 「誠意ってなにかね」これは、お亡くなりになった菅原文太さんが、ドラマ『北の国から』の中…