#みんなの文藝春秋

135

ねじねじ録#11「ねぎらい夫婦」を読んで

タオルのグラデーションはきっと虹みたいに見えて、美しい正方形のご飯はタイルみたいな清潔さ…

ねじねじ録#9「見えない敵」を読んで

見えない敵は、1人1つ生まれながらに備わってる装置みたいで、会うといつもにこにこしているあ…

ねじねじ録#5「T字の正体」を読んで

性別を変えてほしいと何度強く願ったか数え切れません。この文章を綴っているこの瞬間も不快な…

ねじねじ録#3優しさの材料を読んで

思い出したことがある。 早朝から深夜まで撮影をしてその合間に雑誌の取材を受ける日もあって…