#みんなの文藝春秋

68

'95 till Infinity 第4章も終わり / アボリジニの話

90年年代後半西オーストラリア・パースのドラッグ&スケートシーンが舞台の連載小説、'95 till…

『ピアノに住んでる白いヘビ』講評 質疑応答に対する感想。

『ピアノに住んでる白いヘビ』の講評を通して、私は「人間」の書き方を学びました。これから、…

ターンテーブルに針を落として(2)

2 PUNKS NOT DEAD!  当のマエハラさんは、CSN&Yとかグレイトフルデッドとかが一番好きだ…

夜に溶けた境界線【明け方の若者たち】

忘れられない人、忘れられない思い出だって、時間が経てば、ただの事象にかわっていく。解像度…

オープンGの、テレキャスター ─ラバーソール、リーヴァイス、それから赤DEP(3…

3 ストレイ・キャッツ、そして鉄馬  大学3年になったばかりの春、念願のバイクを手に入れた…

オープンGの、テレキャスター ─ラバーソール、リーヴァイス、それから赤DEP(2…

2 ザ・コックサッカーズ、そしてラバーソール  高校を卒業した春休み、さっそくナガセが、幼…

#みんなの文藝春秋 にピックされました

文藝春秋digital の " みんなの文藝春秋マガジン "に、先週書いた記事2つがピックアップされ…

オープンGの、テレキャスター ─ラバーソール、リーヴァイス、それから赤DEP(1…

0 あんたに  青春は、ラバーソールの靴擦れの痕(あと)。人生を一歩進むたびに、痛痒い。…

創造と「ぼくのかんがえたさいきょうのなにか」【熱帯】

なにかを創り出すことが苦手だ。 感性は鋭くないし、想像力の視野も狭い。強いて言うなら、文…

【超短編】 あんびばれんと

料理が作れないため、男性側は買い出しとなった。 南村さんと小坂さんという若い人と、 ご飯…