#みんなの文藝春秋

135

To be or not to be ?

オフィーリアという「運命の女」について、知っているだろうか。 シェイクスピアの「ハムレッ…

不器用な、自分とずっとつきあってる。

不器用だなって思う。 カッターナイフの使い方がどうも みていて危なっかしいとか、 お箸の…

なぜか、放っておけない人

その人は、はじめから、あまり人に媚を売らないまるで、野犬のような人だった。 自覚があるん…

家族と家庭とは、なにか。

家族とは、血のつながりを持つ共同体 家庭とは、リビングを共有しあう血縁関係 家族様式が、…

夏の花束

 太陽は、とても強い光を放っていた。  蝉がひっきりなしに大声で鳴いていた。あんなに小さ…

気づけば十年目、心は復興しているだろうか。

忘れもしない、3月11日午後2時46分 震度7、マグニチュード9、東日本大震災。 当時、わたし…

「未来は常に過去を変えている」

題名のセリフがとても印象深い作品、『マチネの終わりに』を読みました。 パリと東京を舞台に…

『途上、中間』 透

「『あの世』って、天国かな地獄かな」  横から声がした。私は、遠くを見つめたまま、少しだ…

熟々     澄淫田紬

 ツメタイ。  歯軋リガ、残響ス。  錆ビタ鉄ガ、刺ス。  光ガ、コジ開ケル。  頭ヲ、揺ス…

僕と彼女と彼女 時雨

僕と彼女の朝食はわりと質素だと思う。 粗食を選んでいるとか、貧乏だからというわけではない…