#みんなの文藝春秋

155

短編小説 #9 夢の回廊 I 夢の回廊(終)

そこは3つの扉が並んでいた 長い冒険が終わり、僕は小さな空間へ戻ってきた そこに一人のクピ…

短編小説 #5 橙の星 I 夢の回廊

僕は橙色に輝く星へ向かった 橙色の星は砂漠の星だった 一面を砂で覆われている。所々土地が隆…

【超短編】 あんびばれんと

料理が作れないため、男性側は買い出しとなった。 南村さんと小坂さんという若い人と、 ご飯…