#みんなの文藝春秋

155

エッセイ「編集者・粕谷一希さんとの思い出」Vol.10

編プロに入社し3年経った。別のシリーズで書いた小説家・小島信夫さんとの仕事も、この頃。 …

エッセイ「編集者・粕谷一希さんとの思い出」Vol.2

粕谷一希さんの著書『中央公論社と私』から、粕谷さんの人物像に迫ってみたい。僕の粕谷さんと…

創造と「ぼくのかんがえたさいきょうのなにか」【熱帯】

なにかを創り出すことが苦手だ。 感性は鋭くないし、想像力の視野も狭い。強いて言うなら、文…