#みんなの文藝春秋

132

夏の花束

 太陽は、とても強い光を放っていた。  蝉がひっきりなしに大声で鳴いていた。あんなに小さ…

【超短編】 あんびばれんと

料理が作れないため、男性側は買い出しとなった。 南村さんと小坂さんという若い人と、 ご飯…