マガジンのカバー画像

#みんなの文藝春秋

174
「私は頼まれて物を云うことに飽いた。自分で考えていることを、読者や編集者に気兼なしに、自由な心持で云ってみたい」。「文藝春秋」を創刊した理由として、作家・菊池寛はこう言いました。… もっと読む
運営しているクリエイター

#コラム

Possibility of Literature as world's companion〉(2)【吉本隆明の思想 主に共同幻…

問1  ここで改めて『共同幻想論』を読み込もうとするならば、現実を目の前にした格差を助長す…

よかぜ
1か月前

どこでだれに何を云うか問題…⁈ 例えば自然環境についての話題とか

”Finsta”がバレたのよ…。そんな一声で始まった今週のランチ会でのお話を少し掘り下げてみた…

SDGsがみつからないの…

先週からいっきに気温が下がって寒くなった今週水曜日。 SDGsがみつからないの…。 (;´・ω・…

”ハイパー・コンポスタブル”はファンタスティックよね⁈

ランチタイムに同僚よりいただいたお言葉。 感情豊かな同僚のなんだかオシャレな用語に毎水曜…

読書人間📚『残酷な王と悲しみの王妃』中野京子

『残酷な王と悲しみの王妃』  著者 中野京子 ⁡ ⁡第一章 メアリー・スチュアート 第二章…

村田千沙
10か月前

コラム

〈小林秀雄 試論〉   1.はじめに     作品は何処へ帰着するのか、という問いが、批評に…

よかぜ
10か月前

ワクチンは誰が求めているのか

新型コロナウイルスのワクチン接種が日本でも始まるようです。文藝春秋digital「コロナ「ワクチン」は本当に安全か? 接種する前に知っておくべきこと」を読んで思ったことをまとめました。 新型コロナウイルスが日本で確認されてから1年くらいたつ。去年の今頃はメディアの報道もどこか他人事のようだったように思います。19年12月ごろに感染が広まっているという海外ニュースをみてから、日本は本当に大丈夫なのだろうか、海外と人の行き来がある以上大変なことになるのでは?ドラマのような展開に

スキ
1

名前は「呪い」で「祈り」で「願い」なのだ。

僕にとって自分の名前は、どこまでもついてくる重荷、いわば「呪い」だ。 目につくたびに意識…

ならば、私も。

数日前、noteの文藝春秋digitalで、光浦靖子さんのコラムを読んだ。 「留学の話」 久々に、…

ねる子
1年前

ギャングの揉め事はダンスで解決…?

マガジン・"もう1つの楽園の物語"で書いてるハワイ時代の話。 ハワイには1年半くらいいたんだ…

えいきら
1年前

人目は力になるか負担か|臨床心理士への随録 心理学

私、サッカーが趣味でして。小中高は部活で大学はサークル、社会人では26歳まで区の2部リーグ…

青春切なポップパンク

ここまでいろいろと音楽紹介をやってきたけど、あんなに大好きで大好きで、図々しくも弾けない…

えいきら
1年前

ガーリックポークと僕の味

ニンニク香る豚肉と僕への疑問 「これ、食べてみてくれる?」 ある日のこと。アルバイトをし…

実話時代と文藝春秋

1ヶ月ほど前に、" #みんなの文藝春秋 にピックされました "という 舞い上がり系の記事を書きましたが、お陰さまでその後も、 Underworld による big anthem tune・ " Born Slippy " とオーストラリア時代の ウィノナ・ライダー 激似のコとの夢のような一夜の思い出について、 "賢さ"、特に昔の俺のようなくそバカ野郎はその存在すらも気づかない種類の賢さについて書いた と2本もピックしてもらいました。 ありがとうございます!!! 今回

スキ
22