マガジンのカバー画像

#みんなの文藝春秋

174
「私は頼まれて物を云うことに飽いた。自分で考えていることを、読者や編集者に気兼なしに、自由な心持で云ってみたい」。「文藝春秋」を創刊した理由として、作家・菊池寛はこう言いました。… もっと読む
運営しているクリエイター

#ストリートブンガク

ギャングの揉め事はダンスで解決…?

マガジン・"もう1つの楽園の物語"で書いてるハワイ時代の話。 ハワイには1年半くらいいたんだ…

えいきら
1年前

'95 till Infinity 第4章も終わり / アボリジニの話

90年年代後半西オーストラリア・パースのドラッグ&スケートシーンが舞台の連載小説、'95 till…

えいきら
1年前

実話時代と文藝春秋

1ヶ月ほど前に、" #みんなの文藝春秋 にピックされました "という 舞い上がり系の記事を書き…

えいきら
2年前

ストリートスマート: 賢さの話

"Street smart (ストリートスマート)" っていきなり言われても、"なんのこっちゃ?"って話…

えいきら
2年前

Underworld "Born Slippy"

そういや、90年代のレイブだクラブだエクスタシーだって話ばっかり書いてるくせに、noteで Und…

えいきら
2年前

#みんなの文藝春秋 にピックされました

文藝春秋digital の " みんなの文藝春秋マガジン "に、先週書いた記事2つがピックアップされ…

えいきら
2年前

インターネット登場以前の新しい街のディグり方 02

David Morales についての思い出をさらーっと書いて終わるつもりだった前回投稿。相変わらずの戦線拡大&脱線の連続でシリーズものになってしまいましたが、この回で終わらせます。(宣言!) ということで前回からの続きです。 < とにかく顔を売れ >これは新しい街を切り開くの 基本の基! ですね。 1回Facebookで繋がってしまえば、そいつが何してるかスマホの中でわかる時代じゃありません。 "票は足で稼げ / 極道は人気商売" と世の中のろくでもない方面の格言と

スキ
27

インターネット登場以前の新しい街のディグり方 01

先日の記事・ " Roger Sanchez Another Chance " の最後に思いがけず登場した David Morales…

えいきら
2年前