文藝春秋digitalオリジナル無料連載

110
記事

小説「観月 KANGETSU」#24 麻生幾

第24話  参考人聴取(2)  ★前回の話はこちら 「島津さん」  正木は身を乗り出した。 ...

元祖「君の名は」の脚本家はヒロポン中毒だった|辻田真佐憲

★前回の記事はこちら。 「寝たら商売にならないんで、看護婦がついてヒロポン(当時流行の覚...

小説「観月 KANGETSU」#23 麻生幾

第23話   参考人聴取(1)   ★前回の話はこちら  「別府発最終...

出口治明の歴史解説! 蒋介石と毛沢東、どっちが優れたリーダーだった?

歴史を知れば、今がわかる――。立命館アジア太平洋大学(APU)学長の出口治明さんが、月替わ...

リープフロッグしたアイルランド/野口悠紀雄

★前回の記事はこちら ◆アイルランドは、日本を飛び越えて先に行ってしまった  現代におい...

「加計問題」で首相を守った元秘書官の現在|森功

★前回の話はこちら。  いつのまにかまわりに政敵がいなくなり、権力基盤が安定したからとい...

日本の政治家はなぜ「経済思想」を持たないのか|三浦瑠麗

★前回の話はこちら。  本連載では、これまで保守と革新の対立を入り口に、さまざまな価値観...

小説「観月 KANGETSU」#22 麻生幾

第22話   ガス橋殺人事件 (6) ★前回の話はこちら  萩原はその意味を考えてみた。  ...

アブない美意識――生き残るために「汚染」を「排除」する 中野信子「脳と美意識」

誰かを裁く、という行動がある。  新型ウイルスの検査を拒否した人へのバッシングも過激だが...

講談師と講談社――神田松之丞さんの慶事を祝す(前篇)門井慶喜「この東京のかたち」...

★前回の話はこちら。  講談師・神田松之丞さんが真打に昇進し、伯山(6代目)を襲名しまし...