マガジンのカバー画像

文藝春秋digitalオリジナル無料連載

418
“文藝春秋の顔”というべき筆者たちによる「文藝春秋 digital」オリジナル無料連載をまとめました。三浦瑠麗、門井慶喜、中野信子、出口治明、森功、辻田真佐憲、野口悠紀雄、西寺郷… もっと読む
運営しているクリエイター

2019年12月の記事一覧

ベッドタウン銀座 門井慶喜「この東京のかたち」#3

★前回の話はこちら。 ※本連載は第3回です。最初から読む方はこちら。  その街はむんむん動…

キリストとバナナ / 中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら。 ※本連載は第4回です。最初から読む方はこちら。  クリスマスを前に…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#5

第一章 Once Upon A Time In SHIMOKITAZAWA★前回の話はこちら。 ※本連載は第5回です。最初か…

日本人の投票に影響する最大の要素とは? / 三浦瑠麗

★前回の記事はこちら。 ※本連載は第8回です。最初から読む方はこちら。  前回示したように…

小説 「観月 KANGETSU」#9 麻生幾

第9話 塩屋の坂 (4) ★前回の話はこちら ※本連載は第9話です。最初から読む方はこちら。 …

歴史書に「愛国ポエム」が挟まっていてもいい / 辻田真佐憲

★前回の記事はこちら。 ※本連載は第4回です。最初から読む方はこちら。  先日居酒屋で、半…

出口治明の歴史解説! 帝国の衰亡とグレタさんの警告

歴史を知れば、今がわかる――。立命館アジア太平洋大学(APU)学長の出口治明さんが、月替わりテーマに沿って、歴史に関するさまざまな質問に明快に答えます。2019年12月のテーマは、「失敗」です。 ★前回の記事はこちら。 ※本連載は第8回です。最初から読む方はこちら。 【質問1】ローマ帝国、中国の元朝など巨大帝国が滅びたときはどんな失敗があったのでしょうか。 ローマ帝国(BC27~AD1453)は、皇帝が政治を誤るなどの失敗があって衰亡したわけではありません。最大の原因は、

スキ
39

中国はEVにリープフロッグする / 野口悠紀雄

★前回の記事はこちら。 ※本連載は第6回です。最初から読む方はこちら。  これまで、スマー…

“総理の振付師”今井尚哉#1 森功「新・現代官僚論」

★前回の話はこちら。 ※本連載は第4回です。最初から読む方はこちら。  安倍政権における今…

「自民」と「立民」 投票者の価値観を比較してみると…… 三浦瑠麗「分断と対立の時…

★前回の話はこちら。 ※本連載は第7回です。最初から読む方はこちら。  政治運動において、…

小説 「観月 KANGETSU」#8 麻生幾

第8話 塩屋の坂 (3) ★前回の話はこちら ※本連載は第8話です。最初から読む方はこちら。 …

新国立競技場が「おとなしい」理由 門井慶喜「この東京のかたち」#4

★前回の話はこちら。 ※本連載は第4回です。最初から読む方はこちら。  新しい国立競技場が…

出口治明の歴史解説! とんでもない天才・秦の始皇帝

歴史を知れば、今がわかる――。立命館アジア太平洋大学(APU)学長の出口治明さんが、月替わ…

AIとビッグデータでもリープフロッグする中国 野口悠紀雄「リープフロッグ」

★前回の記事はこちら。 ※本連載は第5回です。最初から読む方はこちら。  この連載の第1回で、中国ではアリペイなどの電子マネーが爆発的に広がっていると述べました。電子マネーは、単なる決済手段にとどまらず、さらに進化を続けています。中国のAI(人工知能)の進歩を、リープフロッグの観点から理解することができます。 ◇電子マネーの利用から得られるデータを、ビッグデータとして活用 電子マネーには匿名性がありません。このため、 アリペイなど電子マネーサービスの提供企業には、膨大なデ

スキ
17