マガジンのカバー画像

文藝春秋digitalオリジナル無料連載

422
“文藝春秋の顔”というべき筆者たちによる「文藝春秋 digital」オリジナル無料連載をまとめました。三浦瑠麗、門井慶喜、中野信子、出口治明、森功、辻田真佐憲、野口悠紀雄、西寺郷… もっと読む
運営しているクリエイター

2020年5月の記事一覧

小説「観月 KANGETSU」#51 麻生幾

第51話 松葉杖(3) ★前回の話はこちら ※本連載は第51話です。最初から読む方はこちら。 …

古賀政男に大敗した? 朝ドラ「エール」に登場、古関裕而の“幻のデビュー曲”「福島…

★前回の記事はこちら。 ※本連載は第15回です。最初から読む方はこちら。  朝ドラ「エール…

小説「観月 KANGETSU」#50 麻生幾

第50話 松葉杖(2) ★前回の話はこちら ※本連載は第50話です。最初から読む方はこちら。 …

出口治明の歴史解説! 小国・イギリスが「最強の軍事国家」になったワケ

歴史を知れば、今がわかる――。立命館アジア太平洋大学(APU)学長の出口治明さんが、月替わ…

ポルトガルとスペインが世界を二分する/野口悠紀雄

★前回の記事はこちら ※本連載は第27回です。最初から読む方はこちら。  東回りのインド航…

なぜ今、各国指導者の中で安倍政権の支持率だけ下がっているのか|三浦瑠麗

★前回の記事はこちら。 ※本連載は第28回です。最初から読む方はこちら。  前回は、日本に…

小説「観月 KANGETSU」#49 麻生幾

第49話 松葉杖(1) ★前回の話はこちら ※本連載は第49話です。最初から読む方はこちら。  再び担当医が現れて、理学療法士から松葉杖の使い方の指導を受けることを勧められた七海は二つ返事で応じた。  それまで処置室でまったりとした時間をつぶしながら、再び、七海の中でふつふつとした怒りが込み上げてきた。  涼が仕事で忙しいことはわかる。  でも、田辺が見つかったのか、そうならもう大丈夫だとか、そうじゃないのなら、気をつけろ、とか声をかけてくれてもよさそうなものじゃな

スキ
7

【虚飾のデザイナー小田嶋透事件#1】封筒の中の指|伝説の刑事「マル秘事件簿」

 警視庁捜査一課のエースとして、様々な重大事件を解決に導き、数々の警視総監賞を受賞した“…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#15

第三章 Distortion And Me 1995年・夏 - 1995年・冬 ★前回の話はこちら。 ※本連載は第15回…

「トットちゃんの自由が丘」 門井慶喜「この東京のかたち」#15

★前回の記事はこちら。 ※本連載は第15回です。最初から読む方はこちら。  トットちゃんは…

小説「観月 KANGETSU」#48 麻生幾

第48話 合同捜査(8) ★前回の話はこちら 「お願いします」  正木が萩原に握手を求めた。…

出口治明の歴史解説!日露戦争で日本が勝った真の理由は?

歴史を知れば、今がわかる――。立命館アジア太平洋大学(APU)学長の出口治明さんが、月替わ…

灰かぶり姫が人類の指導者になった/野口悠紀雄

★前回の記事はこちら ※本連載は第26回です。最初から読む方はこちら。  ポルトガルの海洋…

「一律給付10万円」の使途と日本の寄付文化|三浦瑠麗

★前回の記事はこちら。 ※本連載は第27回です。最初から読む方はこちら。  前回は、弱者保護に資源を集中させにくい日本の世論の構造について取り上げました。困窮の度合いに応じて支援をするという考え方は、必ずしも人々の理解を得られなかった。当然、3分の1以上の世帯に収入減が見られることも背景にはありますが、幅広い理解を得ながら生活困窮者を支えることの困難が浮き彫りになりました。  本日は、山猫総合研究所および創発プラットフォームが実施した新型コロナウイルスに関する緊急調査の結

スキ
25