マガジンのカバー画像

文藝春秋digitalオリジナル無料連載

423
“文藝春秋の顔”というべき筆者たちによる「文藝春秋 digital」オリジナル無料連載をまとめました。三浦瑠麗、門井慶喜、中野信子、出口治明、森功、辻田真佐憲、野口悠紀雄、西寺郷… もっと読む
運営しているクリエイター

2020年12月の記事一覧

GoToトラベルキャンペーンはそこまで否定すべきものだったか|辻田真佐憲

★前回の記事はこちら。 ※本連載は第30回です。最初から読む方はこちら。  非難囂々のGoTo…

「絶対に逆らわないイエスマン」菅首相の秘書官を分析する|森功

★前回はこちら。 ※本連載は第18回です。最初から読む方はこちら。 「私どもは選挙で選ばれ…

トランプ大統領のアマチュアリズムの正体|三浦瑠麗

★前回の記事はこちら。 ※本連載は第52回です。最初から読む方はこちら。     前回は、…

令という文字、自律の美|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第26回です。最初から読む方はこちら。  令という文字は「…

なぜ江戸は首都になったのか|門井慶喜「この東京のかたち」最終回

★前回の話はこちら。 ※本連載は第29回です。最初から読む方はこちら。  お気づきかもしれ…

【世田谷一家殺害事件】真相を覆い隠していた“闇”|伝説の刑事「マル秘事件簿」【最…

 警視庁捜査一課のエースとして、様々な重大事件を解決に導き、数々の警視総監賞を受賞した“…

グローバルに見た「アマチュア政治家」という存在|三浦瑠麗

★前回の記事はこちら。 ※本連載は第51回です。最初から読む方はこちら。    前回は、日本政治におけるアマチュアリズムについて書きました。ではグローバルに見た時のアマチュアリズムの本質とは何でしょうか。また、どうして民主化や大衆化とともに拡大する傾向にあるのでしょうか。本日はそのあたりについて考えたいと思います。  アマチュア政治家という言葉が使われるのは、大体エスタブリッシュメントからかけ離れたポピュリストについて語るときが多いのですが、その典型例として挙げられるのが

スキ
17

日本の保守論壇はなぜアメリカ大統領選挙をめぐって分裂したのか|辻田真佐憲

★前回の記事はこちら。 ※本連載は第29回です。最初から読む方はこちら。  アメリカ大統領…

安倍前政権が持っていたプロ・アマの“二重性”|三浦瑠麗

★前回の記事はこちら。 ※本連載は第50回です。最初から読む方はこちら。    前回は、維…

ひとりの楽しみ、孤独の美|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第25回です。最初から読む方はこちら。  一人でいるとスト…

なぜ青梅は新宿の母なのか|門井慶喜「この東京のかたち」#28

★前回の話はこちら。 ※本連載は第28回です。最初から読む方はこちら。  江戸の街なみとい…