マガジンのカバー画像

文藝春秋digitalオリジナル無料連載

418
“文藝春秋の顔”というべき筆者たちによる「文藝春秋 digital」オリジナル無料連載をまとめました。三浦瑠麗、門井慶喜、中野信子、出口治明、森功、辻田真佐憲、野口悠紀雄、西寺郷… もっと読む
運営しているクリエイター

#文藝春秋digitalオリジナル無料連載

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#32

最終章 See You Again ★前回の話はこちら。 ※本連載は第32回です。最初から読む方はこちら。…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#31

最終章 See You Again★前回の話はこちら。 ※本連載は第31回です。最初から読む方はこちら。…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#30

最終章 See You Again★前回の話はこちら。 ※本連載は第30回です。最初から読む方はこちら。…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#29

最終章 See You Again★前回の話はこちら。 ※本連載は第29回です。最初から読む方はこちら。…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#28

最終章 See You Again★前回の話はこちら。 ※本連載は第28回です。最初から読む方はこちら。…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#27

最終章 See You Again★前回の話はこちら。 ※本連載は第27回です。最初から読む方はこちら。 …

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#26

第四章 End Of A Century★前回の話はこちら。 ※本連載は第26回です。最初から読む方はこちら。 *  1997年春。突如として曲が作れなくなった。最初の CD を年末に発売し、周囲は今の勢いのまま即座にメジャー・デビューすべきと熱気に包まれていた。レーベルのディレクターやスタッフもライブに訪れ、2社が同時に手を挙げてくれている。一つのレコード会社からは英詞を日本語にすること、そしてレコーディングの経験豊富な優れたプロデューサーをつけることが契約条件として提

スキ
124

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#25

第四章 End Of A Century★前回の話はこちら。 ※本連載は第25回です。最初から読む方はこちら…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#20

第三章 Distortion And Me★前回の話はこちら。 ※本連載は第20回です。最初から読む方はこち…

「トランプ流孤立主義」とは何だったか(2)

★前回の記事はこちら。 ※本連載は第56回です。最初から読む方はこちら。    トランプ外…

11か月前

「トランプ流孤立主義」とは何だったか(1)

★前回の記事はこちら。 ※本連載は第55回です。最初から読む方はこちら。     トランプ…

11か月前

トランプ政権とバイデン政権 「外交安保」は何が変わるか

★前回の記事はこちら。 ※本連載は第54回です。最初から読む方はこちら。    バイデン政…

トランプSNS永久追放は「トランプ的なもの」を深刻な形で強化する|三浦瑠麗

★前回の記事はこちら。 ※本連載は第53回です。最初から読む方はこちら。     米国政治…

GoToトラベルキャンペーンはそこまで否定すべきものだったか|辻田真佐憲

★前回の記事はこちら。 ※本連載は第30回です。最初から読む方はこちら。  非難囂々のGoToトラベルキャンペーン、いまや菅内閣の支持率を押し下げる要因にもなっているが、それほど否定すべきものだったのだろうか。今月28日の一時中止を前に、いまいちど冷静に振り返っておきたい。  詳しくない人のために説明しておくと、政府は、コロナ禍における緊急的な経済振興策として、トラベル・飲食・イベント・商店街の4分野でGoToキャンペーンを打ち出した。そのうちトラベルは、旅行費用が最大で

スキ
13