マガジンのカバー画像

文藝春秋digitalオリジナル無料連載

418
“文藝春秋の顔”というべき筆者たちによる「文藝春秋 digital」オリジナル無料連載をまとめました。三浦瑠麗、門井慶喜、中野信子、出口治明、森功、辻田真佐憲、野口悠紀雄、西寺郷… もっと読む
運営しているクリエイター

#脳と美意識

醜聞|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第43回です。最初から読む方はこちら。  昨年、新谷学さん…

人間の脳は負荷を避けて体力を温存しようとする|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第42回です。最初から読む方はこちら。  性差を問題にすべ…

不確実性の快楽のうしろめたさについて|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第41回です。最初から読む方はこちら。  自分はたしかに昭…

貧しさと卑しさ|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第40回です。最初から読む方はこちら。  ココ・シャネルが…

美しい雄弁さ|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第39回です。最初から読む方はこちら。  しばらく前に、ア…

不確実性の楽しみ|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第38回です。最初から読む方はこちら。  不確実な時代を生…

愛が毒に変わるとき|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第37回です。最初から読む方はこちら。  こう変わってくれたらいいのに、ともしも誰かに対して思ったとしたら、その時点でもうその人のことを許容してはいないのだ。変わったあとのその人はもう、今見ているその人ではない。もしかしたら、こう変わってくれたらいいのに、という心理的プロセスそのものを楽しんでいるフシすら、あなた自身の心の一面に、あるのではないだろうか。誰かを、私が正しいと信じている方向へ、私が導いてやる。そのことを快感に思わない人はまれだろ

スキ
16

邪眼|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第36回です。最初から読む方はこちら。  人を褒めたり、好…

特別な数字|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第35回です。最初から読む方はこちら。  私たちは数字にと…

不確実であることの美|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第34回です。最初から読む方はこちら。  わからないという…

ぜいたくの対義語|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第33回です。最初から読む方はこちら。  社会が危機的な状…

美しい生き方|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第32回です。最初から読む方はこちら。  自分のように中途…

美しい人――ジェーン・スーさん|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第31回です。最初から読む方はこちら。  ジェーン・スーさ…

夏目三久さんのこと|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第30回です。最初から読む方はこちら。  あるテレビ番組で、はじめてお目に掛かったとき、美しい人がいるな、ではなく、不思議な空間があるな、と思った。どうも、夏目さんのまわりの空気だけ、手ざわりが違うような感じがするのだ。ひんやりと澄んでいて、心地よい。高原の秘密の森の中を散歩しているような……といったらあまりに詩的すぎて、本人が恥ずかしがってしまうかもしれないけれど。  容姿の良さはもちろん画面越しにも伝わるものだから、彼女がどれほど魅力的

スキ
29