マガジンのカバー画像

文藝春秋digitalオリジナル無料連載

422
“文藝春秋の顔”というべき筆者たちによる「文藝春秋 digital」オリジナル無料連載をまとめました。三浦瑠麗、門井慶喜、中野信子、出口治明、森功、辻田真佐憲、野口悠紀雄、西寺郷… もっと読む
運営しているクリエイター

#連載

星の時間と記憶の海|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第45回です。最初から読む方はこちら。  星の時間というの…

美しい味|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第44回です。最初から読む方はこちら。  ある珈琲店を営ん…

醜聞|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第43回です。最初から読む方はこちら。  昨年、新谷学さん…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#31

最終章 See You Again 1999年・夏 - 2001年・冬 ★前回の話はこちら。 ※本連載は第31回です…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#30

最終章 See You Again 1999年・夏 - 2001年・冬 ★前回の話はこちら。 ※本連載は第30回です…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#29

最終章 See You Again 1999年・夏 - 2001年・冬★前回の話はこちら。 ※本連載は第29回です。…

人間の脳は負荷を避けて体力を温存しようとする|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第42回です。最初から読む方はこちら。  性差を問題にすべきではないかもしれないが、女性の場合は特に、すでにいろいろな洋服を持っているにもかかわらず、なぜか、「着る服がない」と新しい洋服を求めるという行動が現在の社会の一つの傾向として見られる。アパレル業界にとっては大歓迎といったところだとは思うが、よく考えてみれば奇妙なものかもしれない。  脳にかかってくる認知負荷を考えれば、これは説明できない話ではない。何かを決断するとき、脳には負荷がか

スキ
17

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#28

最終章 See You Again 1999年・夏 - 2001年・冬 ★前回の話はこちら。 ※本連載は第28回です…

不確実性の快楽のうしろめたさについて|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第41回です。最初から読む方はこちら。  自分はたしかに昭…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#27

最終章 See You Again 1999年・夏 - 2001年・冬 ★前回の話はこちら。 ※本連載は第27回です。…

貧しさと卑しさ|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第40回です。最初から読む方はこちら。  ココ・シャネルが…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#26

第四章 End Of A Century 1996年・夏 - 1996年・冬 ★前回の話はこちら。 ※本連載は第26回で…

美しい雄弁さ|中野信子「脳と美意識」

★前回の記事はこちら ※本連載は第39回です。最初から読む方はこちら。  しばらく前に、ア…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#25

第四章 End Of A Century 1996年・夏 - 1996年・冬 ★前回の話はこちら。 ※本連載は第25回です。最初から読む方はこちら。 (25)勝負の年  少年時代から強迫観念のように自分を蝕み続けていた「仲間と組んだバンドで CD をリリースする」という夢と、「プロのミュージシャンになる」という夢が、どうやら同じようで違うことに僕はようやく気がつき始めていた。ほんの少し前までは「まず CD さえ出せればいい」と、それが叶えば死んでもいいなどと心から思ってい

スキ
158