マガジンのカバー画像

文藝春秋digitalオリジナル無料連載

423
“文藝春秋の顔”というべき筆者たちによる「文藝春秋 digital」オリジナル無料連載をまとめました。三浦瑠麗、門井慶喜、中野信子、出口治明、森功、辻田真佐憲、野口悠紀雄、西寺郷… もっと読む
運営しているクリエイター

#NONA_REEVES

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」最終回

最終章 See You Again 1999年・夏 - 2001年・冬 ★前回の話はこちら。 ※本連載は最終回です。…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#33

最終章 See You Again 1999年・夏 - 2001年・冬 ★前回の話はこちら。 ※本連載は第33回です。…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#20

第三章 Distortion And Me 1995年・夏 - 1995年・冬 ★前回の話はこちら。 ※本連載は第20回で…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#23

第四章 End Of A Century 1996年・夏 - 1996年・冬 ★前回の話はこちら。 ※本連載は第23回で…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#22

第四章 End Of A Century 1996年・夏 - 1996年・冬 ★前回の話はこちら。 ※本連載は第22回で…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#19

第三章 Distortion And Me 1995年・夏 - 1995年・冬 ★前回の話はこちら。 ※本連載は第19回…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#18

第三章 Distortion And Me 1995年・夏 - 1995年・冬 ★前回の話はこちら。 ※本連載は第18回です。最初から読む方はこちら。 (18)顔役 『ぶーふーうー』のドリンクはジョッキで提供されるので得した気分になるが、クラッシュアイスがたっぷり入っているせいですぐに薄くなった。深夜2時を過ぎると打ち上げを離脱した劇団員やバンドマン、スタッフ、それぞれのファンが始発まで時間を潰すためにバラバラに集まってくる。ふらっと現れた「KOGA RECORDS」代

スキ
92

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#17

第三章 Distortion And Me 1995年・夏 - 1995年・冬 ★前回の話はこちら。 ※本連載は第17回…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#15

第三章 Distortion And Me 1995年・夏 - 1995年・冬 ★前回の話はこちら。 ※本連載は第15回…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#14

第二章 BIRD SONG / 自由の小鳥 1995年・春 - 1995年・夏 ★前回の話はこちら。 ※本連載は第1…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#13

第二章 BIRD SONG / 自由の小鳥 1995年・春 - 1995年・夏 ★前回の話はこちら。 ※本連載は第1…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#12

第二章 BIRD SONG / 自由の小鳥 1995年・春 - 1995年・夏 ★前回の話はこちら。 ※本連載は第…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#11

第二章 BIRD SONG / 自由の小鳥 1995年・春 - 1995年・夏 ★前回の話はこちら。 ※本連載は第1…

西寺郷太 小説「'90s ナインティーズ」#10

第二章 BIRD SONG / 自由の小鳥 1995年・春 - 1995年・夏 ★前回の話はこちら。 ※本連載は第10回です。最初から読む方はこちら。 (10)父親  1995年のゴールデン・ウィークに突入した頃には、下北沢に足を運ぶのが日課になっていた。  ライヴがある夜の基本的な流れは、まず客としてステージを観て、その後そのまま打ち上げに混じる。大抵は先輩達がドリンク・チケットをくれるので、飲み代を払う必要もなかった。STARWAGON の裏方として手伝わせてもらう

スキ
91