文藝春秋digital

「文藝春秋」表紙の言葉――松村公嗣【全文公開】

「文藝春秋」表紙の言葉――松村公嗣【全文公開】

「雪椿」  かれこれ20年近く前のスケッチから描きおこしました。月日が経てど季節毎に思い出すことは変わらないものです。金沢の旅館で見た椿で、雪深いこの地域でも耐える強靭な枝と花が魅力的です。早咲きは秋頃から咲き始め、たくさんの蕾で春まで長く楽しませてくれます。その生命力から邪気を払う縁起の良い花とされています。越冬する姿は忍耐力そのもので、自然体の小気味良い造形です。 【編集部よりお知らせ】 文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲

8