マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#霞コン

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

霞が関コンフィデンシャル<官界インサイドレポート>

日本を動かすエリートたちの街、東京・霞が関。日々、官公庁を取材する記者たちが官僚の人事情報をどこよりも早くお届けする。 ★“菅総理”シフト 安倍晋三首相が辞意を表明し、中央省庁もポスト安倍に向けて動き始めた。見えてくるのは、岸田文雄政調会長が沈み、菅義偉官房長官を最有力と見ているシフトだ。 財務省は菅長官の秘書官を務めた矢野康治主計局長(昭和60年、旧大蔵省入省)が太田充事務次官(58年)の後を継ぎ、来夏の次官昇格が確実視される。菅氏の秘書官経験者では寺岡光博氏(平成3年

スキ
9

霞が関コンフィデンシャル<官界インサイドレポート>

日本を動かすエリートたちの街、東京・霞が関。日々、官公庁を取材する記者たちが官僚の人事情報をどこよりも早くお届けする。 ★電撃結婚の次は? 女優・菊池桃子との結婚で霞が関を驚かせた経産省の新原(にいはら)浩朗産業政策局長(昭和59年、旧通産省入省)。全世代型社会保障改革を仕切るなど公私ともに順調のようだ。  新原氏が入省直後に指導員として世話になったのは、村上世彰氏(58年)。その後出世コースである法令審査委員を経験し、20年前には産業政策局総務課で、産業再生法の立案に従

スキ
8

霞が関コンフィデンシャル<官界インサイドレポート>

日本を動かすエリートたちの街、東京・霞が関。日々、官公庁を取材する記者たちが官僚の人事情報をどこよりも早くお届けする。 ★外務省の“茂木作戦” 外務省が茂木敏充外相の“売り出し”に一役買っている。茂木氏は外務副大臣を去った10数年前、役所に「アイ・シャル・リターン」と宣言したほど、外相就任を熱望してきた。「能力は抜群、でも人望がない」が通り相場だった茂木氏も“ポスト安倍”を意識して随分、人当たりを変えている。だがそれ以上に、茂木外相を想定して外務省は作戦を練ってきた。  

スキ
4

霞が関コンフィデンシャル<官界インサイドレポート>

日本を動かすエリートたちの街、東京・霞が関。日々、官公庁を取材する記者たちが官僚の人事情報をどこよりも早くお届けする。

スキ
2

霞が関コンフィデンシャル<官界インサイドレポート>

日本を動かすエリートたちの街、東京・霞が関。日々、官公庁を取材する記者たちが官僚の人事情報をどこよりも早くお届けする。

スキ
1

霞が関コンフィデンシャル<官界インサイドレポート>

日本を動かすエリートたちの街、東京・霞が関。日々、官公庁を取材する記者たちが官僚の人事情報をどこよりも早くお届けする。