マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#表紙の言葉

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

「文藝春秋」表紙の言葉――松村公嗣【全文公開】

「雪椿」 かれこれ20年近く前のスケッチから描きおこしました。月日が経てど季節毎に思い出すことは変わらないものです。金沢の旅館で見た椿で、雪深いこの地域でも耐える強靭な枝と花が魅力的です。早咲きは秋頃から咲き始め、たくさんの蕾で春まで長く楽しませてくれます。その生命力から邪気を払う縁起の良い花とされています。越冬する姿は忍耐力そのもので、自然体の小気味良い造形です。 【編集部よりお知らせ】 文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載さ

スキ
8

「文藝春秋」表紙の言葉――松村公嗣【全文公開】

「雪の大仏殿」 私にとって東大寺は幼少期から何度も訪れていた、とても身近な場所です。お堂の中にはいつも「だいぶっさん」が休んでおられます。当時、この巨大な構造物に鍍金するためには大量の金と水銀が必要とされました。大陸から伝わる技術を最大に活かした輝きは今でも保たれています。  新春、視界をまだらに遮るほどの雪が降りました。近くて遠い場所であることをより色濃くさせました。 【編集部よりお知らせ】 文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋

スキ
11

「文藝春秋」表紙の言葉――松村公嗣【全文公開】

「飛翔」 釧路湿原には毎年取材で通っていた時期があります。耳がちぎれそうな極寒の地で、丹頂鶴は毎年越冬の準備のために釧路地域に集まります。白と黒の単純な色調の大きな翼を羽ばたかせ、丹色(にいろ)の頭を器用に動かしていました。一度夫婦になると子育ては2羽で懸命に行い、一生添い遂げると言われております。その環境を守る活動が継続されており、今でも存在する絶滅危惧種です。 【編集部よりお知らせ】 文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載され

スキ
6

「文藝春秋」表紙の言葉――松村公嗣【全文公開】

「文藝春秋」の表紙画を手掛ける日本画家の松村公嗣さんが絵に込めた想いを明かします。 「赤富士」高校の夏休み、山中湖近くに住んでいた叔父の家に遊びに行きました。午前4時「早く起きて見に来なさい!」という声で目を覚まし、朝日で真っ赤に染まった富士山を初めて見ました。その景色に、美しさへの感動よりも畏怖の念を抱きました。まるで自分がどれだけちっぽけな存在なのかを問われ、叱咤されている気持ちでした。その時の印象が強く、何度描いてもあの大きな力が押し寄せます。 【編集部よりお知らせ

スキ
1

「文藝春秋」表紙の言葉――松村公嗣【全文公開】

「文藝春秋」の表紙画を手掛ける日本画家の松村公嗣さんが絵に込めた想いを明かします。 「トウモロコシ」 髭のように長く伸びた細い繊維と乾いた葉にくるまれた、甘く美味しい野菜です。こうして直接食べる品種は極一部で、ほとんどが姿を変えて普段の生活に溶け込んでいる面白い植物です。日本全国に普及したのは明治時代だそうです。コロンブスが新大陸から持ち帰り、後に南蛮船で運ばれなければ今の生活は全く違ったことでしょう。歴史とは出会いの積み重ねです。 【編集部よりお知らせ】 文藝春秋は、皆

スキ
1