文藝春秋digital

「文藝春秋」表紙の言葉――松村公嗣【全文公開】

「雪椿」  かれこれ20年近く前のスケッチから描きおこしました。月日が経てど季節毎に思い出すことは変わらないものです。金沢の旅館で見た椿で、雪深…

「文藝春秋」表紙の言葉――松村公嗣【全文公開】

「雪の大仏殿」  私にとって東大寺は幼少期から何度も訪れていた、とても身近な場所です。お堂の中にはいつも「だいぶっさん」が休んでおられます。当…

「文藝春秋」表紙の言葉――松村公嗣【全文公開】

「飛翔」  釧路湿原には毎年取材で通っていた時期があります。耳がちぎれそうな極寒の地で、丹頂鶴は毎年越冬の準備のために釧路地域に集まります。白…

「文藝春秋」表紙の言葉――松村公嗣【全文公開】

「文藝春秋」の表紙画を手掛ける日本画家の松村公嗣さんが絵に込めた想いを明かします。 「赤富士」 高校の夏休み、山中湖近くに住んでいた叔父の家に…

「文藝春秋」表紙の言葉――松村公嗣【全文公開】

「文藝春秋」の表紙画を手掛ける日本画家の松村公嗣さんが絵に込めた想いを明かします。 「トウモロコシ」  髭のように長く伸びた細い繊維と乾いた葉…