文藝春秋digital

「総理は精根尽きている…」安倍が解散に踏み切れない“岸田爆弾”

窮地打開には伝家の宝刀を抜くしかない。だが、それができない苦悩。安倍の力の衰えと共に「パクス・アベーナ」は終わり、権力闘争の時代へ。永田町では…

コロナ禍で「安倍・菅」の亀裂を突く小池百合子

安倍首相が苦境に立たされているタイミングを見計ったように官邸に乗り込んだ小池都知事。休戦協定を結んで都知事選への布石を打った。そして小池都知事…

コロナが変えた権力構造 “菅外し”で現実味を帯びる「長官辞任」と「石破擁立」

「岸田次期首相で事実上の院政」を目論む安倍首相。だが、岸田氏をこき下ろし続けてきた菅官房長官は、絶対にそのシナリオを阻みたい。それを察知した首…

官邸で勃発した“冷戦”――安倍が目論む「菅の追い落とし」と「後継者・岸田」

IR、河井夫妻、桜を見る会……側近のスキャンダル続出で、菅義偉官房長官の包囲網が狭まっている。そんな中、安倍晋三首相は、自民党仕事始めのスピーチ…

囁かれる「五輪イヤー解散」笑うのは誰だ? 安倍首相、それとも……

予想外に長引いた「桜を見る会」の余波。安倍官邸は国民の反感を読み違えた。この窮地を脱出するために「伝家の宝刀」を抜くのか? 政界真相レポート/…

「桜を見る会」で再浮上する岸田総裁論

安倍一強が揺らいでいる。閣僚の連続辞任、「桜を見る会」と相次ぐ不祥事。そんな中、「ハト派による改憲」シナリオが台頭してきた。すなわち、次期総裁…

赤坂太郎<政界インサイドレポート> 台風が狂わせた安倍の「解散」シナリオ

東京・赤坂は政界の奥座敷と呼ばれる。昼は永田町にいる政治家たちは、夜になると料亭が立ち並ぶ赤坂へと流れてくる。そこで垣間見えるのは、政治家たち…

赤坂太郎<政界インサイドレポート>安倍と山口「改憲」「勇退」の同床異夢

奇しくも同時期の勇退がチラつきはじめた自公トップ。だがその道は……

赤坂太郎<政界インサイドレポート> 安倍官邸の潜在脅威 「進次郎」と「太郎」

東京・赤坂は政界の奥座敷と呼ばれる。昼は永田町にいる政治家たちは、夜になると料亭が立ち並ぶ赤坂へと流れてくる。そこで垣間見えるのは、政治家たち…

赤坂太郎<政界インサイドレポート> 目的は「安倍一強」倒錯の憲法改正

東京・赤坂は政界の奥座敷と呼ばれる。昼は永田町にいる政治家たちは、夜になると料亭が立ち並ぶ赤坂へと流れてくる。そこで垣間見えるのは、政治家たち…