文藝春秋digital

世界経済の革命児 アルバート・ブーラ(ファイザーCEO)|大西康之

世界経済の革命児 アルバート・ブーラ(ファイザーCEO)|大西康之

ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、アルバート・ブーラ(Albert Bourla、ファイザーCEO)です。 アルバート・ブーラ 獣医師から経営トップに上り詰めた男の決断が世界を救う変異株による感染爆発が収まらないインドや、ワクチン接種が遅々として進まない日本を除けば、世界各国ではワクチン接種が急ピッチで進み「コロナ制圧」に向かっている。ワクチンの量産に最も早く辿り着いたのは、前号まで紹介してきた独ベ

9
世界経済の革命児 オズレム・トゥレチ/ウール・シャヒン(バイオンテック創業者)|大西康之

世界経済の革命児 オズレム・トゥレチ/ウール・シャヒン(バイオンテック創業者)|大西康之

ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、オズレム・トゥレチ/ウール・シャヒン(Özlem Türeci/Ug˘ur Şahin、バイオンテック創業者)です。 オズレム・トゥレチ(右)とウール・シャヒン(左) 新型コロナのワクチンを開発した企業を創業した移民夫婦「160万人以上の命を奪った病気に対して、人類が初めて効果的な反撃を開始した時、そのワクチンを開発した会社の共同創業者たちは、世界中の規制当局に

4
【深層レポート】東芝買収劇&社長辞任の深層

【深層レポート】東芝買収劇&社長辞任の深層

外資からの提案の背後には「国有化」の狙いが潜んでいた。/文・大西康之(ジャーナリスト) <summary> ▶上級管理職を対象として定期的に社長に対する信任調査が行われていたが、直近の調査では、上級管理職の過半数が車谷氏に対して「不信任」と回答していた ▶今回の騒動の背後には、国家安全保障にかかわるエネルギー事業と軍事技術を手掛ける東芝を、「国の管理下に置きたい」と考えた経産省の思惑が見え隠れする ▶海外ファンドが主役とみられた今回の買収劇だったが、その背景には「国有化」の

3
世界経済の革命児 カリコー・カタリン(バイオンテック上級副社長)|大西康之

世界経済の革命児 カリコー・カタリン(バイオンテック上級副社長)|大西康之

ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、カリコー・カタリン(Karikó Katalin、バイオンテック上級副社長)です。 カリコーカタリン 写真はWikipediaから 新型コロナ・ワクチンの開発手法を生み出したハンガリー移民 コンピューターの父、フォン・ノイマン、世界的投資家のジョージ・ソロス、インテル創業者のアンディ・グローブ。数々の天才を生むハンガリーは「異星人の国」と言われる。コロナ禍に苦しむ人

12
世界経済の革命児 ローハン・セス(クラブハウス共同創業者)|大西康之

世界経済の革命児 ローハン・セス(クラブハウス共同創業者)|大西康之

ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、ローハン・セス(Rohan Seth、クラブハウス共同創業者)です。 ローハン・セス (セス氏Twitterから) 爆発的人気の音声SNS「クラハ」を生んだグーグル出身の起業家 「クラハやらない?」 複数の知人からフェイスブックで誘いがあったのは1月下旬のことだった。よく分からないままアプリをダウンロードし、知人に招待してもらってサービスを使ってみた。以来、今日

11
世界経済の革命児 デリック・ロッシ(モデルナ共同創業者)|大西康之

世界経済の革命児 デリック・ロッシ(モデルナ共同創業者)|大西康之

ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、デリック・ロッシ(Derrick Rossi、モデルナ共同創業者)です。 デリック・ロッシ 人類を救うワクチン開発の「ゲームチェンジャー」 この会社の名前が新聞やテレビで取り上げられない日はない。米バイオテクノロジー企業のモデルナ。米ファイザー、英アストラゼネカといったメガ・ファーマ(巨大製薬企業)と並び、欧米で新型コロナ・ワクチンの緊急承認を受けた。ワクチンの有

3
世界経済の革命児 重光武雄(ロッテグループ創業者)|大西康之

世界経済の革命児 重光武雄(ロッテグループ創業者)|大西康之

ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、重光武雄(Takeo Shigemitsu、ロッテグループ創業者)です。 重光武雄 ガムから石油まで牛耳った稀代のマーケター 日韓「ロッテグループ」の創業者、重光武雄名誉会長(韓国名:辛格浩(シンギヨクホ))が1月19日、ソウル市内の病院で死去した。98歳だった。日本でロッテといえば、ガムの「クールミント」や「ガーナチョコレート」で知られる菓子メーカーだが、韓国で

7
世界経済の革命児ムケシュ・アンバニ|大西康之

世界経済の革命児ムケシュ・アンバニ|大西康之

ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、ムケシュ・アンバニ(Mukesh Ambani、リライアンス・インダストリーズ会長)です。 ムケシュ・アンバニ インド13億人の生活を一変させたアジア一の大富豪 「21世紀のタージマハル」 インド・ムンバイにあるムケシュ・アンバニの自宅は、訪れた人々からこう呼ばれる。2010年に建てられた高さ174メートル、27階建ての大豪邸で、大西洋にあるとされた伝説の島

5
世界経済の革命児 エリック・ユアン|大西康之

世界経済の革命児 エリック・ユアン|大西康之

ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、エリック・ユアン(Eric S. Yuan、Zoom創業者CEO)です。 エリック・ユアン 新型コロナで名を売った“巣ごもり発明家” ビデオ会議サービス「Zoom」を運営する米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ。「Zoom会議」「Zoom講義」に始まって、果ては「Zoom飲み会」まで。新型コロナで自宅にこもる人々の必須アイテムとして、あっという間に世界に広がった

5
世界経済の革命児 張一鳴|大西康之

世界経済の革命児 張一鳴|大西康之

ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、張一鳴(Zhang Yiming、バイトダンス創業者CEO)です。 張一鳴 世界最大のユニコーンを率いる中国経済のニュースター 物心ついた時からインターネットが身近にあるミレニアル世代。彼らの感覚を知りたいなら、このアプリをお勧めする。「TikTok(ティックトック)」。15秒程度のショート動画を配信するサービスだ。 動画編集の素人であっても、スマホを使って、自

3