マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#長田昭二

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

名医が飲んでる市販薬 長田昭二(医療ジャーナリスト)《かぜ薬》総合より症状別、《頭痛薬》「クイック系」に注意、《目薬》正しい使い方とは、《胃腸薬》ストレス性胃炎に安中散 何でも正露丸は×、《漢方薬》にも副作用

手軽さのウラに潜む意外なリスクを知っておこう。/文・長田昭二(医療ジャーナリスト) 【かぜ薬】総合感冒薬は避けようかぜ(感冒)が疑われる時、まずどうしたらいいのだろう。 「とるべき対処は、年齢などによって変わってきます」 そう教えてくれたのは、国際医療福祉大学成田病院呼吸器内科部長の津島健司主任教授だ。 津島医師 「免疫が十分にできていない乳幼児と、心疾患や腎疾患、呼吸器疾患、糖尿病などの基礎疾患を持つ高齢者は、すぐに医療機関を受診すべき。それ以外の年代の人は、自宅

スキ
10

あなたの治療薬は大丈夫か?《名医が教える保存版》こんなクスリにご用心 取材・構成 長田昭二(医療ジャーナリスト)

12人の頼れる名医が徹底解説!/文・長田昭二(医療ジャーナリスト) 薬にもセカンドオピニオンを毎日、朝、昼、晩と飲む薬。年齢を重ねるごとに基礎疾患も増え、様々な症状が積み重なり、処方される薬は増えていくばかり――。 しかし、普段飲んでいる薬について、こんな疑問を持ったことはないでしょうか。 「この薬は一体何のためなんだろう?」 「ずいぶん長く飲み続けているけれど、いつまで飲まなければならないのかな?」 「この薬は何となく体に合わないような気がするんだけど……」 あ

スキ
3

高齢化社会の救世主! 日本初の「介護弁護士」は変人か、英雄か

時代を切り拓く“異能”の人びとの物語「令和の開拓者たち」。今回登場するのは、 弁護士・外岡潤氏です。/文・長田昭二(ジャーナリスト) 6畳ワンルームの弁護士事務所東京・西新宿。都庁をはじめ高層ビルが林立するこの地区は、日本屈指のビジネス街だろう。しかし青梅街道を挟んだ北側には、車1台がようやく通れる道幅の路地が続き、昭和然とした住宅地が広がる。その只中にあるマンションの郵便受けに小さく掲げられているのが、「法律事務所おかげさま」の表札だ。 法律事務所というと、官庁街やビジ

スキ
11

がん医療の新常識 すい臓がんは「尾道方式」で早期発見できる

難発見がんとして知られる膵がん。自覚症状がなく、見つかった時は既に手遅れというケースも珍しくない。「膵がんから助かる人はいない」とも言われる、がんの中でも特に恐ろしいがんだ。だが、そんな膵がんの「ゼロ期」治療が可能だという。成功の決め手は街医者の“連携”だった。/文・長田昭二(医療ジャーナリスト)

スキ
1