文藝春秋digital

ハマのドンめぐる大乱戦 仁義なき横浜市長選 常井健一+本誌取材班
+6

ハマのドンめぐる大乱戦 仁義なき横浜市長選 常井健一+本誌取材班

首相のお膝元で政権を揺るがす事態が──。/文・常井健一(ノンフィクションライター)+本誌取材班 横浜市長選の焦点は「IR」朝7時、神奈川県横浜市にあるJR本郷台駅の改札前。海入道のような角刈りの大男がマスク姿で通行人にビラを配っていた。白のポロシャツに、ジーンズ。白地に青で「本人」と書いたタスキをしているが、男が前国家公安委員長の小此木八郎だと気づき、駆け寄る人は少ない。 移り気な浮動層の多い都市住民を相手に、前閣僚が早朝の駅頭をめぐる「消耗戦」を始めたのは、8月22日投

スキ
38
菅官房長官、カジノは筋悪だよ。私は命をかけて横浜を守る。

菅官房長官、カジノは筋悪だよ。私は命をかけて横浜を守る。

 8月22日、横浜に激震が走った。カジノを含むIR(統合型リゾート)について、これまで「白紙」としてきた林文子横浜市長が一転して誘致を表明したのだ。  これに猛然と反発したのが藤木企業の藤木幸夫会長(89)だ。父親の代から横浜港の荷役業を差配し、菅義偉官房長官や二階俊博自民党幹事長と袂(たもと)を連ねてきた「ハマのドン」である。政権と真っ向から対立しようとする藤木氏の真意はいったいどこにあるのか。/藤木幸夫(藤木企業会長)/取材&構成・森功(ノンフィクション作家)

スキ
7