文藝春秋digital

同級生交歓|香川県立高松高等学校 平成2年卒
+1

同級生交歓|香川県立高松高等学校 平成2年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都千代田区 衆議院議員会館小川氏事務所にて(撮影・杉山秀樹) (右から) 政治ジャーナリスト 鮫島浩 衆議院議員 小川淳也高松高校時代の小川淳也は絵に描いたような優等生。高3の夏まで野球部で甲子園を目指し東大に現役合格するのは、文武両道をめざす地方の公立校でも珍しい。故郷に残った同級生の明子さんと恋愛を育み、伴侶となる人生は模範生その

スキ
6
同級生交歓|開成高校 昭和48年卒
+1

同級生交歓|開成高校 昭和48年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都荒川区 開成学園新校舎にて(撮影・山元茂樹) (右から) 三菱製紙元常務 半田常彰 大和ハウス工業副社長 村田誉之 ソニーフィナンシャルホールディングス前社長 石井茂 みずほリース常任顧問 本山博史 開成中学校・高等学校校長 野水勉 築地本願寺宗務長 安永雄玄 新赤坂クリニック副院長 酒井敬介 東京大学名誉教授 月橋文孝 千葉大学予

スキ
8
同級生交歓|立教英国学院 第13期生
+1

同級生交歓|立教英国学院 第13期生

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都豊島区 立教大学池袋キャンパス・ライフスナイダー館にて(撮影・志水隆) (右から) テレビ朝日『報道ステーション』コメンテーター 梶原みずほ rakumo代表取締役社長CEO 御手洗大祐「イギリスの庭」と呼ばれる緑豊かな英国南部にある立教大学系属の全寮制学校。ブルーベルが咲く森の散歩、クリスマスキャロリング、ロンドンでのミュージカル

スキ
4
同級生交歓|福岡県立小倉高等学校 昭和43年卒
+1

同級生交歓|福岡県立小倉高等学校 昭和43年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都千代田区 生命保険協会にて(撮影・杉山秀樹) (右から) 明治安田生命保険特別顧問 松尾憲治 住友生命保険特別顧問 佐藤義雄ビートルズの「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」という曲がある。言わずと知れたこの名曲を聴き直すと、人生の様々な場面が思い起こされる。 思い返すと、松尾はブラスバンド部で野球応援に熱中する一方で、私

スキ
5
同級生交歓|埼玉県立本庄高等学校 昭和54年卒

同級生交歓|埼玉県立本庄高等学校 昭和54年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都中央区 資生堂パーラー 銀座本店レストランにて(撮影・松本輝一) (右から) 資生堂パーラー前代表取締役社長 鈴木真 早稲田大学教授 中林美恵子今年のお正月には、還暦の大きな同窓会が予定されていたのに、コロナ禍で延期になってしまった。 ミニ同窓会も自粛中だが、いつもは銀座の資生堂パーラー「バー エス」に10人余が集まる。社長で便宜

スキ
6
同級生交歓|久留米工業高等専門学校 昭和52年卒

同級生交歓|久留米工業高等専門学校 昭和52年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都大田区 安部龍太郎事務所にて(撮影・三宅史郎) (右から) 東京工業大学教授 熊井真次 作家 安部龍太郎 安部龍太郎事務所代表 森敏彦国立久留米工業高等専門学校、略して久留米高専が我らの母校である。高校と短大を合わせたような5年間の一貫教育で、学生のタイプは3つに分れた。無事に卒業してエンジニアとして企業に就職する者、高専では飽き足

スキ
10
同級生交歓|慶應義塾高等学校 平成元年卒

同級生交歓|慶應義塾高等学校 平成元年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都千代田区 日本交通本社にて(撮影・松本輝一) (右から) 全国ハイヤー・タクシー連合会会長 川鍋一朗 衆議院議員 高村正大 著述家 山口周一学年18クラス・853名のマンモス高は、実社会の縮図だった。「自分の頭で考える」福沢諭吉の精神は、我々3人に共通する「B型・多動性」の性格に妙にマッチしたのだろう。高校時代から洞察力の塊だった山

スキ
6
同級生交歓|埼玉県立浦和高等学校 昭和55年卒

同級生交歓|埼玉県立浦和高等学校 昭和55年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 埼玉県さいたま市 浦和高校にて(撮影・三宅史郎) (右から) 埼玉県立浦和高等学校校長 水石明彦 東京医科歯科大学難治疾患研究所所長・教授 仁科博史 クラレ代表取締役社長 川原仁 バンダイナムコエンターテインメント代表取締役専務 片島直樹 ムーディーズ・ジャパン代表取締役兼アジア証券化格付部門ヘッド 北山慶「文武両道」を謳う高校は全国に数

スキ
3
同級生交歓|大田区立大森第八中学校 昭和48年卒

同級生交歓|大田区立大森第八中学校 昭和48年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都港区 Turandot臥龍居にて(撮影・杉山秀樹) (右から) Wakiya代表取締役 脇屋友詞 日本自動車連盟副会長・元警察庁長官 坂口正芳我々が卒業した中学は、大田区大森の町工場街のど真ん中にあった。当時は一学年が400名程の大規模校。指折りのやんちゃな学校としても知られていた。1学年上に鈴木雅之先輩、同期に桑野信義君などが在籍

スキ
7
同級生交歓|静岡県立浜松北高校 平成11年卒

同級生交歓|静岡県立浜松北高校 平成11年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都千代田区 東京駅前にて(撮影・橋本篤) (右から) 俳人 髙柳克弘文筆業・企画 木村綾子音楽家・作家 小島ケイタニーラブきっかけは小島くんがくれた。2012年。高校を卒業して13年が経っていた。 「覚えてる?」当時勤めていた書店で声を掛けられた。曖昧に笑う私に対して彼は屈託なく続けた。「髙柳くんもいたよね!」 しばらく経って、2人

スキ
3